人気ブログランキング | 話題のタグを見る

その他諸々 on the day off

昨夜は短い1時間コンサートを1時間の休憩をはさんで2度弾く(それぞれ違うプログラム)、というコンサートがロイヤルフィルのホームであるスローンスクエアにあるカドガンホールでありました。コンチェルト1曲に交響曲1曲×2で全部違う曲4曲。その前の晩はこのコンサートのスポンサーである実業家が我々全員をドーチェスターホテルの自分のレストランに招待して、ディナーパーティーがありました。それにごまかされて我々はすっかり良い気分になっていましたが、はっきり言って2度のコンサートを1回分のfeeで弾かされて全然お得じゃなかったじゃん、ということに後から気がついたちょっとおバカな結果でした。おまけに2つの交響曲は両方ともシューマンで普段の我々のレパートリーでは全くない上に、2回分コンサートをたった3時間の当日リハーサルで済ませようというものだから、その出来といったらもう*&^%$£@!?//+。そしてそれをやらされている私たちはもう必死どころではなく、瞬きする間もなく目を皿のようにして楽譜に食いついて舞台に立っていたのでありました。それで、私はふと”あー、そういえばまだ仕事を始めて間もないころは毎日がこんな感じだったなぁ”と妙な懐かしさを感じました。

ロンドンのオーケストラの仕事の仕方は過酷であることが有名で、またそれ故に非常にプロフェッショナルな仕事人集団であることも世界に知られています。しかし、オーケストラで弾くことに慣れておらず、またその大量なレパートリーにも馴染みの少ない初心者たちには本当に厳しい環境で、かつて初心者だった私も毎日が過度の緊張と過度のアドレナリン放出の連続でした。なにしろ毎日毎日全く違うプログラムを当日の3時間リハーサルだけで舞台に乗せられるのですから。そして毎日コンサートをしているということはその日のプログラムを事前に個人練習する余裕もほとんどないということです。ロイヤルフィルに入って最初の3年はほんとに大変でした。。。毎日舞台の上で弾きながら頭の中では”えーっ!!!!”、”Oh my God..."の連続。なんて言ったって3時間前までは聴いたことも、弾いたことも、見たこともなかった曲を舞台でなんとかそれなりのレベルで弾いてこないといけないわけです。本当に毎日崖っぷちのサバイバルです。ま、道理であの時期毎日身体の具合が悪かったわけですね。3年くらいするとだいたい一通りのレパートリーを憶えてきてそこまで毎日慌てなくても済むようになりますが、昨晩は久しぶりにそんなやばやば感一杯のコンサートでした(それもメンバー全員が。。。)。

その前の晩のドーチェスターでのパーティーはなんと言っても天下のドーチェスター。ということで一見の価値はあるかと思って行ってみました。ロビーのカフェやバーなんかもなかなか良かったですが、パーティーの後に行った隣のホテルのバーでも思いましたがお金で買うことのできる豊かさは本当に限られているということ。勿論人間皆きれいな場所に行くことや住むこと、おいしいものをいただくことや良いものを身につけることは気持ちのよいものですが、それそのものはそれ以上、以下にもなり得ないことをそれなりにお金のある場所にいくといつも認識させられます。

そして今日は久しぶりのオフ。4月に入ってロンドンはすっかり春です。天気がよいので近くのリージェンツパークに散歩に行ってこよっかなー!

# by Shinko_Hanaoka | 2009-04-09 07:34 | オフ  

Star Wars Musical Journey 2009

我々”何でも屋ロイヤルフィル”はこういうものもやります。今週はイースター。このイースターフライデーはオーケストラが二手に分かれ、一組はロイヤルアルバートホールでヘンデルのメサイアコンサート、もう一組はミレニアムドームで"Star Wars Musical Journey 2009"というロイヤルフィルらしい両極端な仕事をしています。私はヘンデルメサイア組を選び、何故かというと単にこっちのコンサートのほうがラクそうだったから。ET、インディアナジョーンズ、シンドラーのリスト、ジュラシックパーク思いつくブロックバスター映画の音楽はほとんどJohn Williamsが作ったと言って過言ではない映画音楽の巨匠。スターウォーズももれなく彼の作品です。で、彼の曲はこれまたもれなく弾くのが難しい。。。スーパーマンなんかもワーグナー並に難しいです。楽譜はどの曲も真っ黒でごまかさない限り完璧には弾けないような部分が必ずあり、弾くたびに皆で”次回のオケスタオーディションピースはスーパーマン冒頭3ページだな”などと言い合うものです。彼の曲は時代が過ぎた今でも夢がありすごくかっこいいですけど。というわけで私はヘンデルにしたのに、プロダクション側が最後になって急に2日あまりのリハーサル追加を要求してきて、急遽私はその2日をできない人のかわりにその分のリハーサルだけ埋め合わせにかり出されたというわけです。

今日は昨日と同じくこのスターウォーズ製作にも使われたエルストリーという大きな映画、テレビ制作スタジオでリハーサルが行われました。クルーは全部アメリカから来ていて、3年もかけてこの構想を練り準備を進めたそうです。映像と音楽と出演者のひとりであるイギリス人俳優のナレーションとレーザー光線。映画会社やテレビ会社が関わるとお金のかけかたの桁がちがってくるので、やることなすこと、セット一つとってもクルーの食事一つとっても、我々クラシック業界とは雲泥の差。昨日我々にも振る舞われたクルーランチなんかも、スタジオの中に即席に作られたスペースですがメニューからプレゼンテーションからいちいちワンランク上感がかもし出されていました。おまけにノリがアメリカンなので、今日も行ったらもう朝からケイタリングチームがクルーランチのためにスタジオ脇の野外で、音楽をかけながら炭火でスペアリブを焼き始めていて、気分はホリデイ!まるでどこかのビーチにでもいるような感じでした。

かなり前置きが長くなりましたが、今日のポイントはナレーションを務めた出演者俳優の一人である、Anthony Daniels。こういうのを本当の俳優っていうんだな、とこの前のスワンみたいに、またじーっと彼のナレーションと姿に魅入ってしまいました。彼が前に立って話し始めると同時に大きなスクリーンに彼の姿が写し出されます。話している内容はスターウォーズなのですが、ほとんどシェークスピアを聞いているような感覚に陥り、さすが舞台の本場イギリス俳優、その伝統と歴史を彼の話し方、姿、顔、とる間、全てから感じました。これぞプロ、です。その人がそこにあり、その行為をするだけでそこに大きな価値がある、という。簡単なことではありませんが、プロフェッショナルである限り職種は違っても少しでもそのようにありたいものです。。。Anthony Danielsに座布団3枚!!

# by Shinko_Hanaoka | 2009-04-06 09:56 | リハーサル  

ヨガ&メディテーション

今日は来週末イースターウィークエンドにあるお金と手のこんだ"Star Wars Musical Journey 2009"の7時間に及ぶリハーサル。今週はずっと連日コンサート続きだったこともあって、くたくたに疲れて帰宅しました。

あまりに疲れると人間普段気にならないような小さなことまで、いちいち頭にきたり、ろくなことがありません。精神的な疲れは私の場合、肉体疲労とかなり関係していることが多いので帰宅後”元気になるヨガ”をすることにしました。
去年の夏、自分に合ったヨガと出会いそれ以来私の生活の一部になっているこのヨガ、本当にたいしたことをやっていないのに目に見えた効果がある魔法のヨガなのです。
なんていうとちょっと怪しく聞こえるかもしれませんが、怪しいとはほど遠い単なるストレッチの延長程度と休息の繰り返し作業です。全部の行程をやると1時間半から2時間弱かかるのですが、時間のないときは30分にも15分にも5分(!!)にも短縮できる都合のよい便利なヨガでもあります。今晩はこれをフルコースバージョンでやったらずいぶん元気、というかニュートラルな体の状態に戻ってきて、そうしたら興が乗ってきて(!?)もっと身体に良いことをしたい気分になりメディテーションもすることにしました。

このメディテーションも去年、仕事が少なかった時期に興味が持てそうなメソードをみつけて集中的に学んだものです。でも、メディテーションはヨガほど私の生活に定着していなくてすっかりそんなこと忘れていたのですが、今日急に思い立って最後の締めくくりとして20分ほどメディテーション。難しいことはさておき心と身体が気持ち良いことをするのが良い、というのが私の基本ポリシーですが、このメディテーションもやりたいときにやると気持ち良いです。

我々は毎日日常にまみれ、なかなか肉体を持つ存在として感じる世界、考える世界から逃れられないものですが、そういう次元を一瞬でも離れて後も先もなく、上も下もなく、生死もない世界をかいま見て感じることはリフレッシングなものです。言葉で表すとなんだか小難しい感じですが、そういうんではなくて、ずいぶん暖かく懐かしいところへ還っていくようなそんな感覚です。
チェロの練習でもそうですが、一番肝心なポイントというのは細胞のレベルで感じる、ということです。これ、音楽の感覚的な話だけではなくてテクニックを学ぶときも。メディテーションもヨガも一緒でそういう片鱗をほんの少しでも感じながらやると効果は抜群! 細胞レベルで元気になったあとはハーブティーでも飲んでゆっくり寝ますか。。。そして、明日も朝も早よからスターウォーズだ!! "Star Wars Musical Journey 2009"についてはまた後日。。。

# by Shinko_Hanaoka | 2009-04-05 08:59 | リハーサル  

レコーディング

 今日はロイヤルフィルとは別の仕事で映画音楽の録音がありました。昔のハウスメートが映画音楽作曲家で彼は私の演奏をとてもかってくれていて、彼の録音にチェロのソロが必要だとこうして必ず連絡してきてくれます。自分の力を信じてくれる人がいるということはありがたいことです。

 今日はホラー映画の音楽でしたがマイクなどのセッティングをしているところにエンジニアのマットなる人物が現れました。彼はエンジニアとしてグラミー賞を受賞しているその道ではトップクラスの人ということですが、今回の映画では私の元ハウスメートY君は彼と組んでいるらしくこのマットが全てのミクシングをするそうです。この日の録音のために数日前高価なマイクを2つ購入したそうでそのマイクは1950年代製だそうですが、現代のマイクより全然音が良いそうです。

 今日の録音は私のチェロ一本だけということでセッティングなどは彼に頼むには及ばずで、Y君のアシスタントが担当しました。でもこのマット、いてもたってもいられなかったようでわざわざ車で1時間もかけてチェックしにきてくれました。彼は、私がまだロイヤルフィルに入る以前、時間と自由がたっぷりあった頃にY君と一緒に録音した映画音楽用サンプルを聴いて私のチェロのファンになったそうです。私に会うの半分、マイクの調子を確かめるの半分で別の仕事で自分もほとんど缶ずめ状態にもかかわらず抜け出してたった5分のために来てくれました。この人は全部自分の耳だけで何ヘルツか聴き分けることのできる驚くべきプロフェッショナルです。この5分間の間にさっと私の音をチェックしながらY君にエンジニアとして適切なアドバイスを残していきました。

 その後も録音中に2度もY君の携帯にメールが入り、サウンドのエッジをとった方がいいからどこそこの機械のどこそこをオフにしたらどうか、とか、3本目のマイクをオリジナルの場所から50センチほどバックしたらもっと低音のカバーがよくなるはずだ、とかもう真剣そのものなんですね。私は今日はこのマットの送り出すグッドエネルギーにとてもインスパイヤーされました。もう自分の仕事となったらベストを求めて、いてもたってもいられないような真剣さ、純粋さ。仕事の本随とはこういうところにあることを改めて思いました。そしてそういう態度と気持ちを持ってする仕事の楽しいこと。そしてそういう風に仕事をする人たちの美しいこと。そしてその良いエネルギーがどんどん伝染して相乗効果を生み出す面白さ。考えてみれば”仕事”とは本来そうやってひたむきに自分の能力を最大限に活かそうとする行為のはずです。それがたとえ音楽家であろうとクリーナーであろうと郵便局員であろうと政治家であろうと。今日は私もチェリストとして、今現在自分のもてる技術と経験を最大限に使って一生懸命弾いてきました。だから今日はすっごく楽しかったです。それが、たった一つの音を長くのばすだけのところであっても。。。!

# by Shinko_Hanaoka | 2009-03-30 12:16 | ロンドン  

クラシカルスペクタクラー

今週は木曜からずっと連日連夜ロイヤルアルバートホールにて我々にとっては地獄(!?)のクラシカルスペクタクラーです。このコンサートは1コンサート約3時間で”あっ、この曲知ってる、知ってる!”といういわゆる有名どころな曲を集めて、お話、光の演出など交えながら延々3時間弾きつずける、というなかなか大衆的な企画です。

年に2回春と秋に必ずあるコンサートのシリーズでお客様には大変好評なのです。ロイヤルフィルの仕事はこうしたコマーシャル要素の多いものからスタンダードなコンサートまで多岐にわたります。一昨日、昨日、今日はマチネと夜とで毎日合計6時間コンサート。というわけで皆かなりばて気味ですが、今回のクラシカルスペクタクラーでは新企画としてチェロのあの有名な”白鳥”をオルガン伴奏バックに瀕死の白鳥をEnglish National Balletのプリンシパルダンサーがしつらえた特別舞台で踊る、といういかにもこのプロダクションが考えそうな演目が入っています。

見る前は正直”チープな演出。。。”と思っていましたが実際見てみたらすごく良かったです。企画自体はチープでもアーティストが素晴らしければ決して出来上がりはチープにはならないものなんですね、やっぱり。私は3メートルくらいのところから見ているのですが、細やかな手先、顔の表現、すくっと顔を上げてただ立っている姿、久しぶりにバレエを、それもこんなに間近にみてその磨き抜かれた美しさに約3分半、我を忘れてじーっと見入ってしまいました。今回はこのスワンが見れるし、さっきのマチネでは舞台脇のおじいちゃんが一曲終わるたびに私に向かって親指を上げてグーのサインを出して喜んでいたので、3時間にわたるポピュラークラシックのオンパレードも、ま、許せるか、です。し、か、し、この楽観的な気分が今日3/23の夜10時半最後のエルガー”威風堂々”を弾き終わるまで続いているかは、疑問ですが。

かくいう私は今そのマチネと夜の公演の間のしばしの休憩中。そろそろ時間です。舞台袖に戻らねば。。。!

# by Shinko_Hanaoka | 2009-03-24 08:12 | ロイヤルフィル