人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ローマ男

昨夜は我々のホーム、カドガンホールにてアルベニスのスペイン音楽の夕べ。馴染みのないレパートリーでなかなか苦戦しました。。。後半は組曲からグラナダ、カディス、アストラス、エボカシオン、トリアーナ、マラガ、各地方にちなんだそれぞれのピース。よく消化されていれば興味深いのでしょうが、我々にとってはその地方の特徴がどこにあって、どこにそれぞれの違いがあるのかもよくわからにまま、なんか必死に弾いて終わってしまいました。隣の相棒とお互いに’明日のオフはちょっとまじめに練習しないと。。。’と言って昨夜はバイバイしたのであります。

そして今日は明日からまた10日間ほど続く仕事の合間の束の間の1日休憩。気分良く階下のキッチンでランチの支度をしていると、家に時々出入りするこれまたイタリア人のCがやってきました(イニシアルトークにしてみました。)。この人、むちゃくちゃ押しが強くてちょっと辟易するのですが、今日はいつもに増して強引。キッチンに入ってくるなりあの手、この手で私の気を引こうとします。まずは挨拶のキス。私がイヤそーにすると’君は挨拶のキスもしてくれないんだね’と来ます。それで、’日本では挨拶にキスはしない’と言えば、’じゃあ、君が挨拶にキスしてくれるようになるまでどのくらいかかるかな♡’といきなりすごい顔を近づけて言い寄ってきます。きっぱりと’最低3年はかかるな’と言ってそのすぐ後’とにかく私は失礼なヤツは大っ嫌いなの!’と言ってもものともせず、’でも君は僕のこの強引なところが好きなはず♡’、です。それで次にはいきなり、’それで、来週のデートのことなんだけど’と始めるので、私がまた半分キーッとなって’デートってなんのことだよ!!!’というと平然と’僕と君の’。デートのデの字も話したことない上に君と私は会ったのは今日でたったの2度目、それもたまたま偶然で!!!!! それなのに、’でもどっちかが決めないとさ、こういうことは’だって。でもそれはアンタが勝手に決めてるだけのことでしょ。。。 とにかくああ言えばこう言う、こう言えばああ言う、異様に至近距離に迫ってくるわで、終いには’とにかくほっておいて欲しいの!’と私が言っても通じているんだか、いないんだか。

’イタリア人はいつ死が訪れてもおかしくないという哲学を持っていて、だからこそ今日を生きる。自分の望みを先回しにはしない。それにイタリア男は自分の望みが何なのかはっきりわかっている’との賜り。聞きしに勝るラテン男です。。。

この家の住人に’イタリア男ってみんなあーなの?’と聞くと、彼ら曰くイタリアの中でも地方によって人々の特徴は全然違うそう。家の人たちは皆、トリエステ、ジェノアとイタリア北部出身でいわゆるラテンっぽいところはCに比べると比較的少ない気がします。彼らによるとCは典型的なローマ人。ローマの人間は皆あのように押しが強いっていうか、ちょっと傲慢というか、そういうキャラクターなんだそうです。そして皆それぞれの自分の地方のキャラクターに誇りを持っている様子が彼らの口調からわかります。ローマ人のこの気質は多かれ少なかれ長い歴史の中から生まれてきているのでしょうね。

さてと、そろそろ2時間煮込んだおいしいミートソースが出来上がるころかなー!

今日はこれから指圧整体のS先生のところへ行って気分が良くなった後は、友人映画音楽作曲家Y君が車で迎えにきてくれて彼とミーテイングと楽しみをかねたベトナム料理のディナー。これぞ正しい休日の過ごし方です!

PS ちなみに、最近この家の変さにも馴れてきていろいろなことがあまり気にならなくなってきました。馴れってコワい。。。

by Shinko_Hanaoka | 2009-05-24 10:51 | オフ  

<< 仕事、いろいろ ドイツツアー & Credit... >>