人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Oh my God...それからMatt

3月の終わりに引っ越してこのかた6週間新居ではまるでドラマの中にいるような日々を送っています。ころころ変わる状況、そして新たに次々と出てくるこの家の真実(?!)。私と、わけあって私とほぼ同時期に引っ越してきたジョンはこの家を”mad house”または”house of horror(恐怖の館!)”と呼んでいます。簡単に言うと、大家のフランチェスコは磨きのかかったcontrol freak(他人のことから何から全て自分のコントロール下におかないと気がすまない人)+どケチ+お金第一。パオロはそのフランチェスコにいじめられるがままなされるがまま、おまけに頭が半分おかしいんだか、子供なのか、とにかくわけがわからない。日中出入りするフランチェスコの息子リュークもわけのわからん信用ならんやつ。そんな中唯一まともな私とジョンは最近毎日午前中電話ミーティングまでするようになった始末。というのは彼は朝早くから会計士として普通のお務めで私は夜のお仕事(!)、なかなか家で会う機会がなく、おまけに家の中ではまともに話せないので、この家のことについては携帯メールでやりとりするか、彼の仕事先から午前中に電話がかかってきて話し合う、といういとも奇妙なシステムが成り立ちつつあります。私たちの到達した結論は一番のくせ者はフランチェスコ。極度のcontrol freakなため、普通それしたらまずいでしょ、というちょっと病気的行動もとります(無害ではあるが)。で、この人絶対なんか税金のこととかで怪しいことしてる! そして、我々の最も重要な結論はこの3ヶ月の契約が切れたら、とにかく逃げる!!! だいたいこんなこと考えてること自体まともじゃないよ、ですが。

なんていうところに、昨日の午後仕事に出かける前にランチをすませキッチンで後片付けをしているとドアのベルが。うちのドアはガラスの小窓がついていてお互い中の人も外の人も見えるようになっているのですが、ちょっとのぞいてみると郵便屋さんでもなければ、うちにはちょっと縁のなさそうな、バリッとした良いスーツをきた男の人が2人。私はといえばあらいものの途中で面倒くさかったのでゴム手袋をはめたままにらくちん部屋着、というかなりまぬけな格好で、なんか場違いな感じがしましたが、とりあえずドアを開けました。そして彼らの開口一番が”警察だがフランチェスコはいるか”。この6週間の奇妙な経験のせいですっかりこの家の全て、住人の全て(ジョンをぬかして)に信用を失っている私は”あー、やっぱり。。。!”と思い(何がやっぱりなんだか自分でもわからなかったですが、その瞬間そう思った)、返す私の開口一番は”Oh my God..."。私のびびり様をみて一人が”そんなに心配しないで。これが本当にヤバいことだったら僕ら朝の5時にくるから。。。!”と言い、それを聞いて妙に納得しましたが、それでも私がかなり”どうしよう。。。”という顔をしていたのでしょう。最後にも”大丈夫だから”という言葉を残して行きました。あいにくフランチェスコは不在で家にも私以外誰もいなかったので彼らはフランチェスコの携帯番号をとって立ち去りました。なんでも彼はどっかで写真をとっていたようで(写真は彼の趣味)、そのことについて質問だそうです。でもこの2人、ほんもののジェームスボンドばりで、鍛えぬかれたボディに仕立てのよい高級スーツ、てきぱきとした仕事ぶり、すごく格好よくて本当に全てが映画の中の007みたい。あんなにびびりながらも”うわー、あれって映画の中だけの世界かと思っていたけれど、実物も本当にこうなんだぁ”なんて思いました。人間ってヤバい瞬間におかれてもどこかで全然関係ない変なこと考える余裕みたいなものがあったりして変ですね。とにもかくにも昨晩遅く帰宅したら、フランチェスコはへらへらしていたので、まあどうってことなかったのかな、と少し安心しました。

外国にいると本当にいろいろなことがあります。。。って、この6週間のようなへんちくりんな経験はアメリカ生活2年、イギリス生活14年で初めてだけど。くわばら、くわばら。。。

さて話はかわってグラミー賞受賞サウンドエンジニアのマット。Y君と彼との3月、4月の映画音楽レコーディングのミクシングも全て終わり、出来上がりは上々。なんでもブラピの昔の映画”Seven years in Tibet"の音楽より(あの映画音楽ではヨーヨーマがチェロのソロを弾いています)良い出来だということで(ほんとかいな?ですが)、彼らも監督もかなりハッピーということでY君はもとより、マットからも電話がありました。

4月の2回目の録音のときは、彼らがシンガーとの録音もブルガリアでオケの録音も全てすませてきたあとで、それに私のソロをのっける形で録りました。そのときブルガリアの話がでて彼らが写真と一緒にいろいろな話をしてくれました。その際録音の仕方マイクの話なんかもしていて、夏の素晴らしい気候の中オーガニックフードでも食べながら山の中の修道院なんかでバッハとかチェロのソロで良い録音できたらいいね、なんていう話で盛り上がりました。その話はたまたまの流れでの話だったのですが、それは私の心に小さな灯をともしました。自分の心の中ではいつかこれを実現しよう、とその話が始まったとたんに静かに決まってしまったのです。私はマットのプロフェッショナリズムをとても信頼していてこういう人と仕事をしたら楽しいな、と思いました。今回の彼からの電話というのは実はそのことで、彼も私と一緒にCDを作りたい、とのこと。それで、実は私もあの話をどうやったら実現できるだろうと考えている、と告げました。それにはfundingが必要なわけですが、そんな話をしたら、君がそんなことを考える必要は全くない。それは君の仕事ではないし、君の実際の演奏を聴けば今までの君の蓄積が半端ではないというのも明らかで、君はとにかく演奏にフォーカスしてればよい、あとのことは自分たちでどうにかする、とのこと。ってそりゃあ、ありがたいお言葉だけど、実際どうするの?って思いますが(現実を知る者としては)、これが実際実現するかどうかは別にしても自分のやりたいことをサポートしてくれる人がいるというのは嬉しいこと。そして夢があるのって楽しい!そして私にとっての夢とは、純粋に私の望むことをするということ。それがサクセスするかどうかは二の次。そういうことが心に入ってきた瞬間に私にとってそれは夢ではなくなって楽しさがなくなっていきます。自分の心が楽しく、わくわくするようなこと、これからどんどんしていきますよ! That is, to me, the dream comes true.

by Shinko_Hanaoka | 2009-05-10 10:26 | ロンドン  

<< チルドレンコンサート、マーラー... アルゲリッチ >>