人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レコーディング

 今日はロイヤルフィルとは別の仕事で映画音楽の録音がありました。昔のハウスメートが映画音楽作曲家で彼は私の演奏をとてもかってくれていて、彼の録音にチェロのソロが必要だとこうして必ず連絡してきてくれます。自分の力を信じてくれる人がいるということはありがたいことです。

 今日はホラー映画の音楽でしたがマイクなどのセッティングをしているところにエンジニアのマットなる人物が現れました。彼はエンジニアとしてグラミー賞を受賞しているその道ではトップクラスの人ということですが、今回の映画では私の元ハウスメートY君は彼と組んでいるらしくこのマットが全てのミクシングをするそうです。この日の録音のために数日前高価なマイクを2つ購入したそうでそのマイクは1950年代製だそうですが、現代のマイクより全然音が良いそうです。

 今日の録音は私のチェロ一本だけということでセッティングなどは彼に頼むには及ばずで、Y君のアシスタントが担当しました。でもこのマット、いてもたってもいられなかったようでわざわざ車で1時間もかけてチェックしにきてくれました。彼は、私がまだロイヤルフィルに入る以前、時間と自由がたっぷりあった頃にY君と一緒に録音した映画音楽用サンプルを聴いて私のチェロのファンになったそうです。私に会うの半分、マイクの調子を確かめるの半分で別の仕事で自分もほとんど缶ずめ状態にもかかわらず抜け出してたった5分のために来てくれました。この人は全部自分の耳だけで何ヘルツか聴き分けることのできる驚くべきプロフェッショナルです。この5分間の間にさっと私の音をチェックしながらY君にエンジニアとして適切なアドバイスを残していきました。

 その後も録音中に2度もY君の携帯にメールが入り、サウンドのエッジをとった方がいいからどこそこの機械のどこそこをオフにしたらどうか、とか、3本目のマイクをオリジナルの場所から50センチほどバックしたらもっと低音のカバーがよくなるはずだ、とかもう真剣そのものなんですね。私は今日はこのマットの送り出すグッドエネルギーにとてもインスパイヤーされました。もう自分の仕事となったらベストを求めて、いてもたってもいられないような真剣さ、純粋さ。仕事の本随とはこういうところにあることを改めて思いました。そしてそういう態度と気持ちを持ってする仕事の楽しいこと。そしてそういう風に仕事をする人たちの美しいこと。そしてその良いエネルギーがどんどん伝染して相乗効果を生み出す面白さ。考えてみれば”仕事”とは本来そうやってひたむきに自分の能力を最大限に活かそうとする行為のはずです。それがたとえ音楽家であろうとクリーナーであろうと郵便局員であろうと政治家であろうと。今日は私もチェリストとして、今現在自分のもてる技術と経験を最大限に使って一生懸命弾いてきました。だから今日はすっごく楽しかったです。それが、たった一つの音を長くのばすだけのところであっても。。。!

by Shinko_Hanaoka | 2009-03-30 12:16 | ロンドン  

<< ヨガ&メディテーション クラシカルスペクタクラー >>