人気ブログランキング | 話題のタグを見る

クラシカルスペクタクラー

今週は木曜からずっと連日連夜ロイヤルアルバートホールにて我々にとっては地獄(!?)のクラシカルスペクタクラーです。このコンサートは1コンサート約3時間で”あっ、この曲知ってる、知ってる!”といういわゆる有名どころな曲を集めて、お話、光の演出など交えながら延々3時間弾きつずける、というなかなか大衆的な企画です。

年に2回春と秋に必ずあるコンサートのシリーズでお客様には大変好評なのです。ロイヤルフィルの仕事はこうしたコマーシャル要素の多いものからスタンダードなコンサートまで多岐にわたります。一昨日、昨日、今日はマチネと夜とで毎日合計6時間コンサート。というわけで皆かなりばて気味ですが、今回のクラシカルスペクタクラーでは新企画としてチェロのあの有名な”白鳥”をオルガン伴奏バックに瀕死の白鳥をEnglish National Balletのプリンシパルダンサーがしつらえた特別舞台で踊る、といういかにもこのプロダクションが考えそうな演目が入っています。

見る前は正直”チープな演出。。。”と思っていましたが実際見てみたらすごく良かったです。企画自体はチープでもアーティストが素晴らしければ決して出来上がりはチープにはならないものなんですね、やっぱり。私は3メートルくらいのところから見ているのですが、細やかな手先、顔の表現、すくっと顔を上げてただ立っている姿、久しぶりにバレエを、それもこんなに間近にみてその磨き抜かれた美しさに約3分半、我を忘れてじーっと見入ってしまいました。今回はこのスワンが見れるし、さっきのマチネでは舞台脇のおじいちゃんが一曲終わるたびに私に向かって親指を上げてグーのサインを出して喜んでいたので、3時間にわたるポピュラークラシックのオンパレードも、ま、許せるか、です。し、か、し、この楽観的な気分が今日3/23の夜10時半最後のエルガー”威風堂々”を弾き終わるまで続いているかは、疑問ですが。

かくいう私は今そのマチネと夜の公演の間のしばしの休憩中。そろそろ時間です。舞台袖に戻らねば。。。!

by Shinko_Hanaoka | 2009-03-24 08:12 | ロイヤルフィル  

<< レコーディング マエストロDanieli Ga... >>