マスタークラスお知らせ!

3月に入り冬に逆戻りしていたロンドンも今日あたりから急に春めいてきました。
さて、突然ですが4月29日(木、祝日)のマスタークラス(新宿御苑前、マエストローラ音楽院にて)のお知らせをさせていただきます。マスタークラスと言っても大げさなものではなく個人レッスンから(公開、非公開はご希望により自由)チェロアンサンブルまで、チェロの演奏にご興味ある方ならプロを目指す方からアマチュアプレイヤーの方まで、子供から大人までどなたでも大歓迎です!

私自身日本からアメリカへ、そしてヨーロッパへと勉強の足を伸ばし、大学での先生方だけではなく音楽祭やマスタークラスなど、考えてみると心のおもむくままにたくさんの方々にレッスンを受けてきました。勉強にはいろいろなスタイルがあり、その人の性格又運や出会いによってそれぞれ随分と違う発展の仕方をしてゆくものだと思います。例えばロシアのような国に生まれて、AtoZ全て叩き込まれるロシアのような教育を受けていたら、自分は一体どんな音楽家として成長していただろう?と一種憧れにも似た気持ちで思うこともありますが、私のようにあちこちにexcitementがないともたないような性格には所詮そういう道は無理だったかも、とも思ったり。そして実際何よりも人生に”IF”は存在しませんから。。。!それはさておき、自分の性格や運のかけ合わせで半ばなるべくして(?)私はいろいろな先生方、演奏家の方からエッセンスを吸収し、それを自分のスタイルに変えていく方法で今まで学んできたように思います。それらの学びの過程は必ずしも自分が直接受けたレッスンからだけではなく、誰かのレッスンを見ていて閃いたことや、誰かの言葉や表情、全く違う楽器の先生のレッスンにたまたま居合わせてヒントを得たようなことも数多くありました。そんな中で自分の頭に描く絵をどうしたら実現できるか試行錯誤し、またその過程で頭に描く絵自体も変化しながら勉強を続けたように思います。特に10代後半から30歳くらいまではその果てしない道の繰り返し。ま、今もその繰り返し、かな。というわけで試行錯誤の末見つけたもので皆さんのお手伝いをできることもあるかと思い、また12、3歳のときにすでに私は師である山崎伸子先生から”今自分が教えていることを次の世代に伝えていくことはあなたの使命だ!”(多分”だからボケーっとしてないでしっかり聴いとけよ!”という意味だったんだと思いますが)と言われていますので(こういう妙なことだけは何故かよく憶えているんですな。。。)。それに、ロイヤルフィルに入って忙しくなるにつれ教えることが随分減りましたが、ワタシ、結構教えるのも好きなので。。。!

昨年の出会いの一つであったマエストローラ音楽院の理事長でいらっしゃる木下尚慈さんがこのような機会を提供してくださることになり、今回のマスタークラスが実現することとなりました。

詳しくはhttp://www.maestrora.jp/room/room14.htmlをどうぞご覧ください。
4月皆さまにお会いできます事を楽しみに!
[PR]

by shinko_hanaoka | 2010-03-16 09:28  

<< Yuja Wang アゼルバイジャン >>