タグ:いろいろ ( 20 ) タグの人気記事

 

レディーガガ

アメリカ生活が始まっています。先日スーパーボールなるものがあり(アメリカではアメフト全米チャンピオンを決めるこの年に一度のスーパーボールなるゲームはかなり重要らしい)アメリカ人である夫と共にテレビ観戦していました。そのハーフタイムにアーティストのショウタイムがあり歴代マイケルジャクソン等そうそうたるミュージシャン達がこの場でパフォーマンスしてきました。たった13分のショウタイムですが今年はレディーガガということでどんなものを見せてくれるのだろう、とワクワクしながら私はそれ目当てスーパーボールを観ていたのでした。

久しぶりに良い意味でアメリカらしい圧倒的なものを見せてもらいました。大自然でも大都会でも素晴らしいアートでも面白い人でも、圧倒的なものというのは価値がある。レディーガガという人はインタビューを聞いたことがあるくらいでどういう歌を歌いどういうパフォーマンスをする人なのかも知らなかったけれど、インタビューの感じで考えてることや感じていることそしてこの人そのもの、生き方が興味深いなという印象を持っていました。

楽しい時、怒った時、興奮した時、嬉しい時、悲しい時、自分の心に湧き上がる感情を全身で表現するとああいう風になるんだろう。その湧き上がるなにものかの体現がアートだからね。格好とか人からどう思われるか、見えるかなんて関係ないからね。あの振り付けをみてごらんよ。著名なアーティストと呼ばれる人たち、それなりに成功している人たちの中にも社会に、人々に認められるためのそんな体裁に塗れた人たちが結構沢山いるけれど、そういう人達からは決まって爆発的なものは出てこない。それなりに良い感じのものや流行に乗ったものは出てくるけれど。でもそれは良い商品かもしれないけれどアートとは少し違う。

レディーガガはアーティストでした。


[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2017-02-14 01:07 | その他  

ラストスパート~さらばイギリス~

この人本当にブログやる気あるの??と言われそうな頻度での細々ブログ、やっと更新です。

8月のブログ以来何をしていたかというと9月半ばからアメリカ移住諸々準備のためにニューヨークに2ヶ月ほど行ってきました。滞在中にはアメリカ大統領選があったり、ニューヨークの空を見ながら思う事もいろいろありましたが、なにせ携帯以外にインターネットがない生活だったのでブログも出来ないし、メールチェックするのが精一杯。WiFi~。WiFi&インターネットがないと現代の生活は不便になりますなあ。とは言うものの私は子供の頃WiFiも携帯電話もない世代ですので、結構これが懐かしいライフスタイルで良かったです。Go back to the basicsでなかなか健康的な生活でした。

11月後半にロンドンに戻ってきてこれから引っ越しです。12月19日をもちましてワタクシの21年にわたるロンドン生活終了。さよならロンドンこんにちわニューヨーク!

ニューヨーク、ロンドン、東京などの都会は便利度など大差なく国移動と言ってもそこまで大げさではないですが、空気や太陽、そして人もその土地によって違うもの。ロンドンもよし、ニューヨークもよし、といった感じですが、新しい土地での新しい生活楽しみにしています。12/19引っ越し後またアメリカからお便りさせていただきます!
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2016-12-05 05:15  

ヒマ、ではない!?

花岡伸子は仕事もしてないというのにブログも更新せず何をやっとるのか?と思っていらっしゃる皆様。Yes、ホントに仕事もしてないというのに。何をやっとるかと言うと、これが、意外とヒマじゃないのであります。私の全生活をかけて今やっていることはと言うと、腰の治療! まあ、正確に言うと背中からお尻を通って足まで左半分全部の治療。

これがなかなか手こずっているんですな。記憶をたどればロイヤルフィル入団当初から諸症状は現れ始めていたもののとにかくだましだましやりながら仕事をしまくった結果、私の左側半分はとんでもないことになっており本格的治療開始時にはもうどこが原因でどこが問題なのかも見極められないほどひどい状態となっていました。

治療も結構試行錯誤。諸先生方も試行錯誤。私も試行錯誤。でも、私の毎日はストレッチやら運動やら諸治療やらで、まあ忙しい忙しい。毎日数時間にわたりいろいろなことをするのですが、今までチェロの練習でさえこんなに真面目にやったことないかもしんない。でもこれもチェロの練習しかり、壁にもぶち当たるし成果が著しくなくめげそうになるときもある。しかし、面白いことにめげそうになると必ず何か新しい方法がみつかったり、それによりなんらかの進展がみえたり、小さなbreak throughがあったりするので今のところ希望を捨てずに邁進しているわけである。

これをかなり良い線にいくまで治して人生の第二ラウンドに挑む、というのが私のサバティカルの目的なのでまだまだつづく、です。

先ほどyoutubeで脳科学者が努力できる能力というのは、遺伝で決まっていると言っていた(脳の種類)。だから、一つのことを諦めずに努力できるかはもう生まれたときに決まっているので、そういう遺伝子じゃなかったら違う生き方をした方がいいんだって。私の場合非常に微妙だわ、これ。出来そうでいて意外と出来ないんだな、この努力ってのが。しかし、これは私の第二の人生がかかっているので遺伝子にその能力がなくとも諦めるわけにはいかーん!のである。
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2016-05-02 01:23  

2月

いやあ、あっという間に2月でびっくり。先月は日本に一時帰国し、月末にロンドンへ戻ったら大風邪をひき気づいたら2月半ばでした。

先月の日本一時帰国では初めて実家ではなく東京都心のビジネスホテル滞在型帰国というのを試しにやってみました。というのは日本での用事というのはほとんどが東京で、実家は東京ではないので通うとなると毎日となると大変。加えて、海外組はいずれこういうことを考えるときがくるのですが、いつか実家がなくなり帰るところがなくなった時にどうするのか&それでも日本にたまに帰国したいのか(又は最終的に帰ってきたいのか)等々試験的に自分で試してみたいこともあって、やってみたのである。そうしたら、、、まー快適なこと。ホテルはどこへ行くにも便利な場所で近くにスーパーもあるし食べ物屋さんもたくさん、良い散歩コースもみつけたし本屋さんもあって、まるでそこに住んでいるかのように11日間暮らしました。部屋はまあ狭いんだけれども、イギリス生活最初4年間暮した女子寮を彷彿とさせ(このビジネスホテルは別に女性用ではありませんでしたが)妙に居心地よくまるで我が家のようでした。結論→日本の生活もオッケー。

要するに自分は必要なものさえあれば(地の利が良い、駅に近い、気に入ったスーパーがある、食べ物屋さんのチョイスがある、病院が近い等々)どこでも結構ハッピーにやっていけるのである。ま、それはもともと知ってはいたけれど。その日スーツケース下ろした場所が自分の家、的な性格ではあるので。部屋の大きさなんてどーだっていいんだよね。ちゃんと夜寝れて安全で外が見える窓があってお風呂があってチェロ弾けてヨガできるスペースがあれば4畳半結構結構。

私は19歳で日本を出たので社会人として&大人として日本で生活したことがない。ので、果たして自分は日本で暮す事も可能なのか、ということをたった11日間ではあったけれどシュミレーションを通してなんとなくちょっと知っておきたかったのである(特に近く永久帰国する予定はありませんが)。

これ、全くもって私事ですが今回の帰国で一番の収穫。日本も楽しいねー。と、思う自分を発見したこと。
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2016-02-17 03:04  

Happy New Year!

新年明けましておめでとうございます。

今年は妙に暖かいロンドンで年越しでした。カウントダウンで始まるロンドンの年越し花火は素晴らしかったです。こういうのを見るとイギリスの底力を感じて、この国は借金にまみれていようと洪水で水浸しになろうとしばらくの間は世界の中心から取り残されずに生き抜くのだろうな、と思います。このしたたかさがイギリス&イギリス人のすごさ、そして怖さでもあると思います。

私はとりたてていつもnew year's resolutionなるものを掲げたことも思ったこともないのですが、今年は珍しくこんな感じです。☟

Don't look back. Move forward.
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2016-01-05 02:49  

Merry Xmas!

あっという間に今日はクリスマスイブです。今年は久しぶりにクリスマス&お正月をロンドンで過ごすということで、先週末我が家のリビングルームには3年ぶりに立派なクリスマスツリーが到着し早速飾り付けをしました。せっかく飾り付けをしても出掛けてしまうのではもったいないのでクリスマスツリーを飾るのは最低2週間は楽しめる=クリスマス前後は自宅にいる年と決めています。初めはなんだか面倒くさい気もしましたが、いざ木を選びに行き家まで運んでくると本物の大きなもみの木は濃い緑色に香りもあって良いものです。

クリスマスツリーの飾りは初めてイギリスでツリーを買ったときにFortnum & Mason(ここは紅茶が有名ですが、ロンドンの本店は選ばれた商品が並ぶデパートなのです)で買い求めたなかなか自分では気に入っているセレクションですが、なんと言ってもいつも2メートル以上のツリーなので若干数が足りない気味。なので、気に入ったものを見つけたら買い足すようにしています。これまでにツアー中ロシアやドイツで見つけたものもあります。今年はHarvey Nicholsというデパートでかねてから欲しいなあと目をつけていた飾りがあったのですが、このツリーの飾りって結構高いんです。ので、そろそろどんな感じになっているかとイブの今日行ってみたところ、なんと!クリスマスツリーの飾り全て70%オフ!!4つ好きなものを購入。そのあとどんどん階を下りて行くと、なんと!もうすでにこのデパート、半額セールをやっているではありませんか!!ロンドン恒例ではクリスマス明けの27日から大セールが始まるのですが、最近経済の低迷やらでセールはどんどん前倒しになっているのですね。その商戦にまんまとはまり予定外にそこで2時間も過ごしてしまった私。

おっと、そんなことをしているうちに時計はお昼をとっくに回り。。。いかん、クリスマス前の最後の食料調達という目的を果たさねば。イギリスは25、26日は交通機関からスーパーまでなにもかも完全に止まってしまうので最低2日間楽しく生活できる備えがなければいけません。スーパーに行くと自分たちと同じように最後の食料ショッピングをする人たちでごった返していました。

またまた時計を見てみると、マズい!クリスマスケーキを取りに行く時間を過ぎている。。。!最近、中心地ではないのですが日本のケーキ屋さんが出来て先日思い立ってイチゴのショートケーキのクリスマスケーキを注文。こんなベタなクリスマスケーキは日本でも食べたことがないけれど、イチゴのショートケーキは私の大好物。欲望のままに(!)思い切って丸ごとケーキを注文。プチ贅沢。サンタさんとメリークリスマスのプレートがのっかている、アレです。今年のクリスマス、はっきり言ってワタシ的にはこのケーキが一番興奮する。

ケーキを抱えて夕方5時近く帰宅。帰ってみると、家が散らかっている(全て自分のもので)!!これじゃあせっかくのツリーもケーキも楽しさ半減なので、急遽片付けに入る。

近くの教会の鐘が夜7時を知らせています。家の中はきれいに片付きクリスマスツリーには新しい4つの飾りが仲間入りし、ライトがチカチカ。照明も今日は少し変えてろうそくにも灯をともしました。冷蔵庫にはお楽しみのケーキも入っているし、ディナーは今日のために昨日作っておいたビーフシチューもあるし。街も静かになってきました。

我が家のクリスマスはこれからです。
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2015-12-25 04:05  

ダイヤモンドか、ルビーか、ガラスか

サバティカルなんて威勢良く始めてみたものの、考えてみると先立つモノが。。。!?というわけで懐が心細くなるとちらほら仕事もしているゆる~い私のサバティカル。とは言え、とにかくあるのは自由と時間。先週は立て続けに友人のコンサートに行ってきました。こんなことフルタイムで仕事してた時は出来なかったなー。

先週半分くらい仕事したBBCで時々会うコリンに”最近何やってるの?”と聞いたら”僕あさって僕のやってるチェロトリオがヘンデルハウスでコンサートするよ”と言うので”行く行く”と言って行ったのが第一弾。このコリンというのは私のBBCトラ仲間のお気に入りの一人で私より15歳くらい年下なのだが、才能がなかなかあって野生児なので気が合ってよく話すのだ。毛色のちょっと違う彼は作曲家兼チェリストでいつもいろいろ変わったことをやっているのである。Handel House Museumというのはロンドン中心地のど真ん中ボンドストリート近くにあるヘンデルがずっと暮らし音楽活動をして、そして亡くなった彼の家である。ヘンデルハウスにも行ってみたかったし、コリンの演奏も聴いてみたかったし、彼がどんな風にチェロ3本のために編曲するのか(今回は現代曲とルネッサンス音楽のミックスチャーで、いつもチェロ3本用に作曲された曲以外の曲は全部彼ともう一人のチェリストが編曲するらしい)聴いてもみたかったので出掛けることにする。30人のお客さんがきちきち入るくらいの小さな会。ルネッサンス音楽で始まる。最初の3秒で思う事。楽器が良かったらいいのになあ&もっと魅力的になるのになあ。音のピュアさや音程が純正律でつーんと響くその響きのよさが勝負なルネッサンス音楽にはこもった輝きのない音色ではなく、やはり艶やかなオールドイタリアン楽器の音がよく似合う。それ、まず残念。でも現代曲は逆にとても面白かった。そして、コリンの真面目にチェロ弾いている顔も初めて(!?)拝見。コリンは思った通りナチュラルプレイヤーでセンスもよく身体能力が優れていることを改めて確認。でも、特に引き込まれもせず、感動もせず。ふむふむ。

その数日後今度はもう一人の知り合いのチェリストがナショナルギャラリーで昼間弾く、というので聴きに行く。この人は日陰のソリストね。日陰、と言うのはこの人すごく才能&実力があるのだけれど、なかなか浮かばれず大きな活動が出来ず50代に至っているの。シベリウスの小品で始まる。最初の3秒で思う事。おー、やっぱり違うな。この人やっぱりソリストだわ。何が違うって、なんだろう、そうね、確かな技術の裏付けと共に全ての音が吟味されていて、だから彼から出てくる音楽がスペシャルなんだな。目を逸らさずにはいられないっていうのかな。これは、そうでないものとは似ているようで全く異なるものなのだ。

ダイヤモンドもルビーもガラスも砂浜に転がっている奇麗な貝殻も、全てそれぞれの良さがある。でも、ダイヤモンドは紛れもなくダイヤモンドなのだ。そしてダイヤモンドはやっぱり他の石とは違うのである。

んなウンチク言っとらんで、自分はなんなんだっていう話だが。。。
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2015-11-24 02:22  

いざパリへ!!

先月は日本からの女友達と3人で二泊三日のパリ貧乏旅行へ行ってきました。自分は旅行なんて興味のきょの字もないわいと思っていたけれど、それはやったことがなかったからでした!!

チェロを始めてこのかたホリデイらしいホリデイもあまりしたことがなく、またロイヤルフィル生活13年で空港へ行くこと、飛行機に乗ることにいい加減辟易していた私は、わざわざどっかに行って旅行するののなにが面白いのか、くらいに思っていましたが、今回せっかく来た日本からの仲良し友達に押されて彼らと行ったパリは思いのほか楽しかったです。ぷらぷら観光したり、絵を見に行ったり、エッフェル塔に上ってみたり、死ぬほど寒い夜のセーヌ川下りしてみたり、スーパーで買ったお菓子を北駅近くの安宿で食べながらパジャマパーティしたり。お金を極力使わないでする旅って楽しいですな。

こういうの、またやりたいな。

そんな中、オランジェリー美術館でモネやらルノワールやらの素晴らしい絵をみて、我に返る。芸術や音楽をプロセスするのって日常生活を執り行う場所とは全然違う部分の脳を使う。

しかし、芸術もパジャマパーティも、両方大事である(私には)。
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2015-11-09 01:53  

何故に?

先日はサバティカルのご報告させていただきましたが、また何故にサバティカルを取ろうと思ったかと言いますと、、、先上ればなんやかんやと言って”サバティカル、取りたいと思い、早や7年”、字余り。というわけで別に今始まった願望ではなかったわけです。ただタイミングやら踏ん切りみたいなものがあって、今になりました。考えてみれば、自分勝手にやることが得意な私がこの完全なる集団生活でよく頑張ったと思う。まあそれも、ロイヤルフィルの団員皆さんの寛大さや労働条件はかなりのレベルできついにも拘らずなんとなくゆるゆるなオーケストラ体制にもあったと思います。じゃなきゃ、この私がこんな長く続けていられたはずがない。とは言え、体力面等いろいろな意味で向かないことをしてはいたのは事実なので来るべくして来たサバティカル、という感じでしょうか。

普通サバティカルを取る人はなんらかの計画やら目的があったりするのですが、相変わらず私は計画なし、展望なし、ついでにたいした貯金なし!でも、要するにいい歳をしてこういうのが性に合っているんですな。誰かが決めたスケジュールを永遠にこなしていくのは(スケジュールがあることは大変ありがたいことではあるが)、向いてないんである。私が、決めたいんである。やりたいことも、時間の使い方も、人生の種類も。

小さな形でも自分のresourseを使い生きている限り関わることの出来る仕事、誰かと何か共有することの出来る仕事が、したいと思う。
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2015-10-06 19:56  

Sabbatical!

大変お久しぶりです!ブログがいつにも増して(!)中断してしまったのはコンピューターが壊れてしまって、さっさと新しいものに買い替えようと思っていたのですが親切な友人が”そんな無駄なお金を使うことはない。自分が直す”と言ってくれたのをいいことに二人でのんびり時間のあるときに会っては修理していたら結局2ヶ月くらいかかってしまったというわけです。でも、おかげで散財せずには済んだ.....今のところ。それに加えて夏は働きすぎて具合が悪くなっていたことも、ある。

さて、何故具合が悪くなるほど皆がホリデイに行っているような夏に働いたかというと.....ジャジャジャジャーン!!9月からサバティカルをとることにしたからです。

サバティカルというのは(日本の会社にそういうシステムがあるか又はあっても機能しているかは知りませんが)勤続7年するとある程度の期間休職することができるというシステム。サバティカルの間に普段の職場から離れて違うことをするのです。多分大きな会社だとある程度お給料を支払ってもらえるのかもしれませんが、ロイヤルフィルは普段からお給料制ではなく働いてなんぼ、の世界。とりあえず休職1年後も私の席は確保されていますが、収入はゼロ~になるわけです。というわけで備えあれば憂いなし、貧乏性の私はとにかく片っ端から仕事を入れて働きました!!で、半分病気になっていれば、意味ありませんが。。。

とは言え、一時的過労もそれなりに回復し1年間のサバティカルがスタートしました!今日はそのご報告であります。サバティカルライフについてはおいおいと。
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2015-09-29 01:06