<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

スイスツアー

毎年夏の終わりロイヤルフィルはスイスのジュネーブ湖畔にあるMontreuxという街で開催される音楽祭に参加します。財政難で来年からは呼んでもらえないそうだけれど。。。

少し前まで私の中の主任指揮者のデゥトワに対する評価は前主任指揮者ガッティに比べると低いものだった。でも最近私はいろいろな意味で彼を見直している(エラソーな言い方ではあるが)。人間千差万別で性質や特質も違えがものごとへのアプローチの仕方も違う。デゥトワはデゥトワでその良さはある。そしてなんと言っても76歳であれだけ精力的に活動しているのはただ者ではない。彼の良さはリハーサルの仕方だとか完成させるまでのアプローチだとかいろいろあるのだが、全く関係ない角度から一つ、一流の良いソリストを連れてきてくれる、というのがある。彼にはそういった人との繋がりを上手に使い、また活かせる才能もあるのだろう。

今回のソリストの一人はマルタアルゲリッチ。ソリストとして演奏することが少なくなっている彼女の生のソロ演奏なんてもう見ることはないのかな、と思っていたのでちょっとびっくりしました。彼女の音楽、演奏は本当に尊い。信じられないレベルのテクニックというのは周知の事実だけれど、それ以上に彼女の音は特別な音をしている。音楽に心が向いている人はこういう音を出すのだろう。インターネットやipadやiphoneにまみれた世界とは違う世界の音。現代の音楽家はこういう音をほとんど出さない。すごく有名で一流と言われていている人でも多くはこういう音じゃない。現代の演奏家の音はもっとざわざわしている。彼らは何かがすごかったりすることもあってそれだけ聴いていると気づかないけれど、こうやって超越したものを聴くと他の音がいかに雑で荒っぽくて時に心がどこか違うところに向いているかわかる。

今の時代genuineに生きるのは難しい。心があっちを向いてみたりこっちに向いてみたり、あれが気になったりこれが気になったり。だからアルゲリッチみたいに、とどのつまり音楽のことしか考えていない人から出てくる音は尊いのだと思う。

でも、genuineに生きるのが難しいのは現代に限ったことではない、か。それが出来る人はどの時代でも稀なのかも。アルゲリッチから出てくる音楽は稀すぎてどこがどうなって、なんのコンビネーションでああいうものが出てくるのか本当に不思議である。
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2013-09-13 04:25  

11月28日(木)トッパンホールリサイタル

ブログサイトの脇ですでに宣伝させていただいていますが、改めて秋のリサイタルをお知らせさせていただきます。

11月28日(木)夜7時飯田橋トッパンホールにてリサイタルを開きます。オーケストラもやりながらようやるな、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが私の性格の特徴の一つに”しつこい”というのがあります。そう、良くも悪くもしつこい。なので、今年もやるのであります。そしてプログラム内容も果敢に挑戦するのであります!

前半プログラムはオリジナルがチェロのために作られた作品ではない2曲を選んだので、どちらもチャレンジですがシューベルトのアルペジョーネソナタはそれは名曲です。また後半のグリーグのソナタはかれこれ20年前カナダでの夏期講習会先で聴いた今は亡きハーヴィシャピロの演奏が忘れられず、いつか弾きたいと思っていた作品でした。カレンダーの11月28日(木)に今から赤丸をつけて、ご友人お知り合い皆様お誘い合わせの上ご来場くださいませ。

詳細はカノン工房(www.atelier-canon.jp/, Eメールoffice@atelier-canon.jp,電話平日11時から17時03−5917−4355)までお願い致します。チケットは9月2日(月)よりカンフェティ(カンフェティ割引ご利用可能)、トッパンホールチケットセンター(トッパン会員割引可能)、カノン工房(シンコチェロフレンズ会員割引可能)でお求めいただけます。尚11月30日(土)、12月1日(日)の週末は新宿御苑のマエストローラ音楽院(www.maestrora.jp/)でレッスンを行います。レベルに限定はありませんのでご興味のある方はこちらにも是非ご参加ください。

それでは6日間のスイスツアーへ行って参ります!
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2013-09-04 04:42