<   2013年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

アジアツアー

6月19日から7月8日までロイヤルフィルはアジアツアーに出かけました。台湾、日本、韓国、中国と4カ国を20日で渡り歩き、最後の中国は1日おきに飛行機で移動で20日間1日のオフもなく移動とコンサートを続けた後さすがに7月8日の夜ヒースロー空港にたどり着いた時の皆の顔はゾンビのようでした。

台湾から始まった今回のツアー。冬のようなロンドンからいきなり30度を超す気候へ移動してとにかく暑い暑いと皆言っていましたが、暑さはさておき台湾はアジアの中で私の好きな国の一つです。同じ中国人でも台湾の人は穏やかで優しく温かみにあふれ昔の古き良き日本を思い出します。今回のプログラムはフランス音楽が中心で我々はあまり慣れていないものでしたが台湾の聴衆は温かく迎えてくれました。

その後日本へ移動。ヨーロッパからアジアへの移動はその逆より時差ぼけが大きく、ツアーが始まってまだ少しも経っていないのに皆上手く睡眠がとれずかなり疲れ気味でグロッキー。プログラムも未だ余裕をもって弾くところまでいっておらず緊張気味。そしてようやくアジア時間に慣れて来たところで韓国へ移動。

コンサート的には韓国でようやく焦点が定まって来て、また体内時計もようやく調整されてきてかつツアー2週間目で体力もまだ残っており、一番良かったように思います。韓国は日本の高度成長期のように活気に溢れていました。そんな中皆焼き肉をたらふく食べ、やっとコワくなくドビュッシーの海とラベルのダフニスとクロエが弾けるようになって中国へ移動。いろいろな意味で韓国がピークだったかも、です。

3週目の中国。いよいよ皆疲労が見え出した最後の1週間は飛行機の移動が何度も入り一番大変だったかな。今中国はどこもかしこも建設現場で異様に高く大きいビルを見るのにも辟易したし、どこでも衛生面や臭いが気になり、皆ホームシック気味。顔をつきあわせ口を開けば”I want to go home"。おまけに中国の聴衆はうるさい。携帯の音は鳴るわ、ごそごそしっぱなしだわ、誰かはしゃべってるわ、人は移動してるわ、演奏中携帯電話で写真は撮りまくるわ、でそういうこととは関係なくいつもちゃんと弾くべき私たちも、ああもどうでもいい感じだと(彼らはそういうつもりではないのかもしれないが)こちらもどうしてもいくらかどうでもいい感じになるというもの。ホール側の人が演奏中の写真撮影を牽制するため赤いライトで遠距離から撮影しようとする人の手元を照らすのですが、それがあまりの数で弾きながら見える。モグラたたきみたいに光があちこちで照らされ、聴衆側がなんだかレーザー光線のショウみたいになっているのが。さすがに北京ではお客さまも比較的静かでしたが。

今回アジアの国々を廻りながら国や、人、物事の繁栄衰退の道みたいなものを逆回りで見たような気がして、人はこういうことを通して一体何を求めているのかな、と思いました。

このツアーをアジアサイドでマネージしたのは梶本でした。梶本というのが日本の大手マネージメント会社くらいのことは知っていましたが、どんなスケールのどんな会社なのか全く知りませんでした。行く先々に有能な子分達(!)が配属されていてそのオーガナイズ能力の高さに感服し、モチは餅屋に任せろ、という言葉を思い出しました。日本は今世界から取り残されそうになっているという話しをよく聞きますが、こうやって競争の激しい世界、マーケットの中で押しつぶされそうになりながらも渡り合い頑張っている企業もある。梶本のきめ細かい丁寧な仕事、オーガナイズ能力のおかげでロイヤルフィル側のマネージメントはとてもやり易かったはず。そういう日本人の仕事の丁寧さみたいなものをきちんと強味にして、図々しい輩がうようよしている中でもそれを証明しながら小さい会社も大きい会社も個人も頑張っていって欲しいな、と思いました。日本には誇れる特質がたくさんあるのだから。

そして夕焼けの中降り立ったヒースロー空港でiphoneのスイッチを入れると、、、

”良い弓入りました。至急連絡くれたし”。アジアモードもお疲れモードも一気に吹き飛びロンドンモード、ON!!
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2013-07-19 22:22