<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

Robin Gibb

かのロックバンドBeeGeesのRobin Gibbはタイタニックに一生のロマンを捧げてきたそうです。
奇しくも今年4月でタイタニックの悲劇が起こってから100年を迎えます。
昨年の夏彼が作曲した"Titanic Requiem"という曲の録音を我がロイヤルフィルと行い、先日そのお披露目コンサートが行われました。
彼は現在癌闘病中で、夢にまでみたこの日会場に自ら足を運ぶ事が出来ませんでした。
”レクイエム”と言うようにこの曲はクラシック形式で作曲されて、モーツァルト、フォーレ、ベルディのレクイエムと同様に、合唱とオーケストラそして歌手のソリストという組み合わせでちゃんとKyrie、Libera meなどで構成されています。
その中でRobinがソリストとして歌う曲が最後の何番目かに出てきます。
コンサートでは本人が病室から出られなかったため、録音が流されました。

ロック&ポップとクラシックというのは本当に違うものです。
このレクイエム自体は本人の想いがどうであれ、ノーコメントとしか言いようがなく、弾いている私たちクラシックミュージシャンはずいぶん辟易とさせられました。
でも、彼の歌声"Don't Cry Alone(Titanic Requiem 2012)"の録音が流れたとき私ははっとし、心を一気に掴まれたような気がしました。

ロックとクラシックの感動のツボは本当に全く違うところにある。
ロックは魂なのであります。
クラシックに魂が必要ないと言っているのではなくて、もっと他にスタイル、技術、理論いろいろな美が揃わないと魂の表現が可能ではないクラシックと違い、ロックはその人の生き方そのものの1本勝負。
(どちらにしても厳しいが。そこまで到達するのは)

”Titanic Requiem”は???だけれど、Robinはとにかくタイタニックに取り憑かれていてレクイエムを作りたかったんだから、それはそれで趣味という事で良しとしよう。
それとは別に彼はすごいロックンローラーです。3分もしない時間の中、シンプルな言葉とシンプルな和音、メーロディーだけで人々の心を鷲掴みにするのだから。

私はBeeGeesのこともRobin Gibbのこともよく知らないけれど、いろいろな意味で又あらゆる意味で、中途半端でないすごい生き方をしてきた人なのだろう。。。
[PR]

by shinko_hanaoka | 2012-04-13 00:05  

イースター

今日はイースターのgood Fridayです。
この日は毎年ロイヤルアルバートホールでヘンデルのメサイアのマチネがあります。
ヘンデルの重くもなく軽くもない絶妙なバランスとup liftingな感じが私は何気に好きで、このメサイアも弾き始めはいつも気分が良くなるものですが、とにかく3時間近く長〜い曲。
同じような感じの繰り返しということもあり、必ず途中で目と頭がグルグル回り始め、永遠に続くかのような気分になるものです。
今年もご多分に漏れず気が遠くなるような後半1時間半でしたが、毎年同じように気が遠くなりながら弾く事も含め、”季節もの”というのはなかなか良いものです。
ハレルヤコーラスを聴き"Have a lovely Easter!"と同僚と言い合ったあと、まだ明るい空の下ロイヤルアルバートホールを後に家路につく時、春の訪れを感じます。

家に帰ると珍しくパートナーが料理をしていて、今日の夕食はビーフシチューらしい。
羊を食べるイースターランチは日曜のお昼ですが、一足早くイースターフィーストの始まりです!
[PR]

by shinko_hanaoka | 2012-04-07 01:56