<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

新年明けましておめでとうございます!

2012年が明けました。

新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

こちらでは日本でのお正月のようなものがクリスマス、日本のクリスマスが年末&新年という感じで、年末は家族行事というより、友人とパーティーカウントダウンで盛り上がる、という過ごし方が多いようです。

と言って、私個人的には特に盛り上がるでもなく、何故かクリスマスにはハヤシライスなんか食べていたくせに大晦日になってクリスマスみたいなディナーを食しながらフツーに過ごしていました。

が、ふと気がつくと時計は2012年に向けて30分を切る時間をさしており”そーいえば大晦日になると世界各地の新年の花火ってのがテレビでやってたな”と思い出し、世の中の人々がどんな風に過ごしているのかというのも見るついでにテレビをつけました。去年のフランスの花火がとってもセンスよくさすがフランスだな、と思ったのを思い出し是非今年もフランスの花火を見たい、と見始めたもののいろいろ用事をしながら流し見していたのでどうやら見落としたよう。でもそのかわりに新年きっかりに始まったロンドンの花火はじっくり見ました。

結論を言うと、イギリス人は本番に強い。

今年の花火はオリンピックやエリザベス女王のDiamond Jubileeやらイギリス/ロンドンにとっては大きな年ということで、ずいぶん豪華で気張って行ったようです。

こういうチームプレーというか緻密な作業と計算が凝縮された作業を日本人がやるというと、まあ、普通にちゃんと出来るんだろうな、と思いますが、普段どのプロフェッションを見ても”ほんとに大丈夫かいな”というか”もうちょっとまじめにやれよ”と思う場面がほとんどのゆるゆるイギリス人。でも、この普段ゆるゆる&よれよれイギリス人がいざとなると意外とちゃんと仕事をするから驚き。

これはオケでもそうなんですが、ひとりひとりは”こんなんで大丈夫なんか?”という人材だったり、本番直前のリハーサル(それもまったく準備不足なリハーサル)で”あーあ”的でも、何故か本番ではそれなりに上手く行っている、又はかなり上手くいく、というパターンがほとんど。

ある意味緩いところとしめるところのバランスが上手ということなのかもしれませんが、あの11分間の豪華花火の出来には感心しました。やっぱり、イギリス人は本番に強い!

そして、明日からは約一ヶ月のアメリカツアーです。だれ一人楽しみにしていない過酷なツアーですが、最初からあらゆる面で最低ラインを予想していくと、意外と楽しく過ぎて行ったりするものです。

"Expect nothing"。これ、ロイヤルフィルにはかかせない生活の知恵です!?

それではまた2月に!
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2012-01-01 23:36