<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

オークション

先週は姉が数日ロンドン滞在、彼女の仕事の関係で絵のオークションに行きました。3日間連続で会場に足を運び、3日目に姉が電話のため席をはずした間カタログを渡されそれにプライスを書きこんでるときなんか、半分もうこの業界の人みたいな気分。

最初の日はプレビュー&レセプション。ドレスダウンの国、イギリスではなかなかみないようなドレスアップした人たちがたくさん。こういう所に姿を表す人たちは年配の方が多いのかな、と勝手に想像していましたが、なんの若い人たちもたくさんでびっくり。ロンドン/イギリスってold moneyがたくさんある所だから私たちの知らない世界、というのが我々の生活のすぐ隣にあるものだということをああいう場所に行くと改めて感じます。そして2日目は目玉オークションのイブニングセール。この日のオークションは億単位の絵ばかりで来ている人たちも相変わらず前夜のように正装してかしこまっていました。私から見ると”たかがオークションでかっこつけちゃって”という気分でしたが、あくまでこれは私個人の好み。ある意味それがtraditionであり、respectであり、ある種の楽しみ、良さでもあるのでしょう。この日のオークションを私はなんとも言えない気分で眺めていました。だって31million poundsとか26million poundsという世界ですよ。基本的にアーティストが過小評価されるのは大反対ですが、そういうのはどうかな、と。私にはこういう世界がひどく奢ったものに見えました。確かに素晴らしいアートはpriceless、何ものにも代え難い価値があります。でも、それはそう感じる人間の心がpricelessであるのであって、勿論そのおおもとであるアートにそれなりの価値を見いだすのは当然ですが、ここで敢えて誤解を覚悟で言うとピカソであろうがモネであろうがそれも所詮は人間が作ったもの、そして1枚の紙にすぎないわけです。それをまた作ったアーティストも全く関係ないようなところで、ああいう数字で、他の人間達があーでもないこーでもないと値段を跳ね上がらせながら、うようよ売買しているのを見るのは結構複雑な気分でした。別にそれが悪いと言ってるわけではないのですが。言ってみればこういう世界もあってのアートの世界でもあるわけですし。し、か、し、あんまり良い気分はしなかった。

さて3日目はデイセール。前の2日間とはうってかわって会場の雰囲気もお値段もdown to earth。同じくピカソやらマティスやら有名どころもたくさん出ていましたが、小さい作品だったりdrawingだったりでプライスレンジがお手頃。イブニングセールの価格はあまりにも別世界すぎてオークション自体にも全然興味が持てませんでしたが、こういう現実味がある世界になってくると面白かったです。

そして最後にはペン片手にカタログにプライスを書き込んだり、いっちょまえにアートディーラーになった気分もちょっと味わいながら、私のロンドン絵画オークションデビューは終わったのでした。
こうやってたまに別の世界を覗くのも楽しいものです! そして感想としては、ディーラーさんやいろいろな人、いろいろな事がひしめくこういう世界で、ある程度張り合っていかないといけないんだから姉も大変だな、と。頑張れ!
[PR]

by shinko_hanaoka | 2010-06-30 19:00  

アート

今日は半年ぶりにBBCに仕事に行きました。今年に入ってから何度かお声はかかっていたのですが、スケジュールが合わず先送りになっていました。

BBCには仲良しのチェリストがいて今彼女のこれまたチェリストのご主人のCD(今日借りて来た)を聴きながらこのブログを書いています。7年ほど前彼のウィグモアホールでのリサイタルのときに聴いた彼の作品”Tintin組曲”(フランスの漫画”ティンティンの冒険”をテーマにした組曲)が印象深く常々もう一度じっくり聴いてみたいと思っていました。長い話を割愛すると、50代前半の彼はとても優れた才能を持つチェリストながら、いわゆるビジネスマーケットに乗っておらず、しかしながらそんな現実状況にもめげず日々自分の芸術制作活動に励んでいます。このCDでも彼の感性が光り、私はなんだかとても励まされるような気持ちになりました。我々職業音楽家はこの職業で生きて行く為に多かれ少なかれビジネスマーケットにのらなければいけません。それは世界の一流歌姫から一つの団体であるオーケストラ、ソリストも音楽教師も皆一緒。でも、アートってそのものはごはんの足しにもならなければ、商売のようにお金を生み出す物でもない。衣食住に関わる物でもなければ、生死を左右するものでもない。でも、そのいわば”なんの足しにもならない”ものに途方もない時間と情熱をかけて作っていくものがアートだと思う。そういうアートって昨今あまり見かけないけど。皆、生きるのに必死、ビジネスマーケットに乗るのに必死。私自身そういう世界にまみれて生きているから、その大切さも十分わかる。でも、アートってそんなところとは関係ないところにあるもので、それが何かの足しになるから、とか何かのためになるから、とかそういうところから始まるものじゃないんじゃないの?と思う。結果としてそれが何かの足しになったり、何かのためになることはあっても。で、私はそういうアート(&アーティスト)に出会うと、それが絵であろうと、音楽であろうと、建築であろうと、涙が出そうになるほど心が熱くなる。そしてそういうアートは私の心をどこか彼方の全く別世界へ連れて行きます。夢やイマジネーション、感性ほど現実的ではないのにこれほど価値のあるものって他にあるかしら、と思う。そしてこんなに生活のためにもならないものが、ここまで人の心にとって必要な栄養、太陽のようなものであること自体にもびっくりします。

そして、今は泥まみれでも、このまま生きることだけに必死になって人生を終えたくはない、いや、終えてはいかん、と思うのです。。。
[PR]

by shinko_hanaoka | 2010-06-12 05:56  

ご無沙汰しました

すっかりブログの更新がご無沙汰しました。。。何人かの方からブログ更新されてないから、どうしているかしら?というようなメールをいただき、そうだよねえ、かれこれ1ヶ月くらい更新してないかも。。。!と気づいた。

そう、皆さんお察しのとおり日本滞在中からイギリスに帰って来てからも、忙しいんです!!私の6月はこういうふうじゃなかったはずなんですが。。。のんびりできそうなのは今月後半までおあづけ。先月最後のブログからもいろいろあり、日本の滞在、有意義で楽しかった! 初めて教えさせていただいたマエストローラ音楽院でのレッスンも楽しかった!イギリスに帰って来てからの続きのズッカーマンとのコンサートも良かった。先日弾いたシベリウスの交響曲第2番良い曲!(日本の方には馴染みの薄い曲かもしれませんが、最初から最後まで飽きません、私的には。大自然を彷彿とさせるような曲です。聴いてみてください) 残りの2日間のゲオルギューとのレコーディングも彼女、今回は2日間とも頑張って歌ってました。。。!そして”眠れる森の美女”完全版レコーディング。と相変わらず次から次へと仕事の嵐。

そんな中、イギリスは確実に季節は夏に向かっています。夜10時過ぎまで陽が残り、お天気のよい日のロンドンは今、それはそれは美しいです。。。本当に喜びで叫びたくなるほど美しいです、この季節のこの街は。

さて、新しいインタビュー記事が載りました。お時間のあるときにご覧ください。
http://www.andvision.net/testimonial/interview/hanaoka/ です。

今週末もイギリスはgorgeus weatherに恵まれる、とのこと。ウキウキ。
皆さんもどうぞ良い週末を!
[PR]

by shinko_hanaoka | 2010-06-04 18:22