<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

一時帰国やり直し&マスタークラスのお知らせ

1週間の休みもあっという間に終わり今週からぼちぼち働いていますが、今週はオケも忙しくなく半分休暇みたいにスローな働き方なので気分はまだバケーション!

さて、火山も収まってきてスケジュール調整も出来たので、急遽5月の半ばに一時帰国のやり直し(!)をすることに決定。つきましては延期とさせていただきました4月29日のマエストローラ音楽院でのマスタークラスを代わりに5月14日(金)15:00−20:00&5月16日(日)10:00−14:00に行うこととなりました。詳しくはwww.maestrora.jp又は電話受付03−6457−4546までお申し込み、お問い合わせください。

日本の皆さんはこれからゴールデンウィークですね。 良い休暇をお過ごしください。5月にお会いできますことを楽しみに!
[PR]

by shinko_hanaoka | 2010-04-29 01:44  

アンジェラゲオルギュー

今日は火山休暇(!?)明けの仕事第1日目。1週間ぶりに会った同僚達は私の顔を見るなり”すんごい元気そうだねー!”とか”きれいだねー!”とか言いながら”やっぱりshinkoはこうやってよく休んでたくさん仕事しないのが合っているんだね”だそうです。でも、それは本当にそう。

今日の仕事はかの歌姫アンジェラゲオルギューとのレコーディング。私は歌のことは全然わからないし、おまけにそんなに好きな音楽の種類でもありませんが、この方、そんな私でも知っているだけあってその名の通り本当に何もかもがスーパースターでした。そのオーラ、華やかさ、美しさ、素晴らしいベルベットのような声&ハイパーさ。全部がスーパースター。弾きながら何度もぞくぞくするような声の部分があって、至福の瞬間でした。彼女の場合全部素晴らしいけれど、中でも特別なバイブレーションで彼女の声が伝わってくる所がそれぞれの曲の中に必ず数カ所あって、そこがスーパースペシャルな感じになるのですが、感動の原点、そして感じることはバイブレーションであることを改めて生で体験します。

今週は彼女との録音が4日間あってこんな仕事だったら、いそいそと出かけてしまいます。ああ、明日も彼女の歌声聴きに行くの、楽しみ。。。!Lucky us...! 友人情報によると彼女は相当わがままらしいですが(今日のところそういう難しい場面は特になかった。何となくそういう感じはわかったけれど)、だってこの人正真正銘のスーパースターだもの、わがままだっていいんじゃないですか?

というのが、私の意見。
[PR]

by shinko_hanaoka | 2010-04-27 06:23  

アイスランド火山噴火!

本当は今頃日本にいるはずだった私。でもまだロンドンです。
というのは皆さんもご存知の通り、先週水曜にアイスランドの火山が噴火して以来、約6日間イギリスの空路は完全に断たれ、陸の孤島となっていました。日本でどの程度の報道があったか知りませんが現地ヨーロッパはそれは大変なことになっていました。主な交通手段が断たれ、先の見通しが全くたたず、頼りになりそうな情報もない中で外国におきざりにされた人たちは、とにかくありとあらゆる手段を使って陸路で港を目指し、そこから船で脱出しようと、聞いただけで3日は寝込みそうな旅を余儀なくされました。それも、高額なお金を使って。私の友人も何人かそのまっただ中にいて、どこそこまで9時間バスで行ってそこから電車に乗って、それから、、、という話をきいていたら、何かどこかで聞いたことあるようなハナシ??あ、ロイヤルフィルだわ。

今回は先が見えない、というのが一番困りました。そのためベストな判断をしかね、私は幸いにも家でしたが、それでも事後処理等も含め数日間これにかかりきりになっていました。結局私の友人達はそのような強行軍をせずにすみ、いまだ現地にスタックしてはいるものの数日中には目的地に到着できる、とのこと。でも強行軍を余儀なくされた人たちや、今もその最中の方々は本当にお察しします。。。というわけで、今日からイギリスの空の便は回復したものの、私の席は飛行機がキャンセルになったと同時に消え、今後しばらく満席状態が続くため今回の日本行きは断念。

さて、急にぽっかり空いた1週間。何をしようかしら。。。!昨日地下鉄に乗ったらアーヴィングペンの写真展の広告が目にとまりました。そういえばこれ、友人Mちゃんが絶賛していた。まだやっていたのね。休みの間に行ってこなくっちゃ。ゴッホ展もまだやっているはず。すごい行列でなかなか入れないっていうけれど、せっかく時間があるのだからそれも行きたい。ああ、でも今はすごく天気も良いからハイドパークに散歩にも行きたい!ポートベロ近くにあるっていうおいしいイタリアンにも行ってみたい。あれも、これも。。。

結局このうちどれだけ実行に移せるかはともかくこういうことを思いあぐねること自体だけでも楽しくて幸せ。 日本行きがキャンセルになったのはとても残念ですが、火山噴火のおかげでぽっかり時間があき、そんなこと滅多にない私にとってはこれも良し、かもしれません。

追伸 
今回の一件で先にブログでお知らせさせていただきました、4月29日に行われるはずのマスタークラスも残念ながら延期せざるをえなくなりました。受講申し込みしてくださった方々には大変申し訳ありませんでした。お詫び申し上げます。現在次回の帰国時期を検討中です。また次回のマスタークラス日時が決まりましたらお知らせさせていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by shinko_hanaoka | 2010-04-22 02:11  

ラフマニノフ

連日連夜働く超多忙の日々が続いています。今、夜中の12時くらいですが、今さっきReadingという所から帰ってきました。明日はShefield、あさってはLeeds、Leedsの後夜中の2時くらいにロンドンに戻り翌日はロイヤルアルバートホール、で、その翌朝ようやく働き地獄ライフ(!?)から解放され日本へ!

先日のロイヤルフェスティバルホールでのコンサートはソリストにピアニストのフレディケンプを迎え、交響曲は我々の日頃のレパートリー外のラフマニノフシンフォニー第2番。8年間のロイヤルフィルライフでもこの曲弾いたことは1回あったかないか。で、久しぶりに必死に楽譜を追ってしまいました。それにしてもここまでメロドラマな曲、今まで見たことないわ。クサすぎー。おまけにアメリカ人の指揮者が節操もなく”これでもかぁ!”というほどやるから、それやってるこっちがなんか恥ずかしくなってきます。本番中3楽章の一番盛り上がるところであまりに大袈裟なもんだからおかしくなってきちゃって、弾きながら思わず笑ってしまいました。ふと隣のダニエルを見たら案の定彼も最高盛り上がってるところでニヤニヤしてた。クッサぁ。。。あれ、指揮者が違うとチープなメロドラマ調じゃなくてすごくビューティフルになるらしいよ。プレビン指揮でサントリーホールで弾いたときはそれは感動的だったって誰かが言ってた。ラフマニノフシンフォニー第2番初心者のワタシとしてはメロドラマ調でも十分楽しめたけど、今度はこの曲の本格派な感じがどんなものか味わいたいわぁ。ところ変われば、、、じゃないけど、オケの場合、指揮者変われば全てが変わる、からね。
[PR]

by shinko_hanaoka | 2010-04-16 08:34  

ワールドカップ

3月半ばからからずっと働きっぱなしの我々は最近顔をつきあわせて言うことといったら"I am so tired..."。これが挨拶言葉っていうのもどーなの、です。

そんなある日サッカーワールドカップのCMのためのレコーディングがあり後日には別録りでマイミングセッションが。CMの音楽に合わせて誰かさんと不倫して首になったという前イングランドチームマネージャーのテリーなんとかっていう人が(このCMにはサッカー関係の有名人が何人か出てきますが何しろサッカーに疎い私には名前を言われてもさっぱりピンとこないし、憶えられもしない)ドラ声を張り上げ歌い、バックには我々とシンガー達に交じって現トッテナムチームマネージャーや現役サッカー選手、元サッカー選手現タレントなど有名人が歌ったり踊ったりしている。レコーディングは普段通りで特に問題もなく終了しましたが、後日のマイミングセッションはエラい目に遭ったわ。。。音は別撮りしているので映像のためだけの録画がマイミングセッション(実際はマネだけするわけにいかないから弾くのだけど)。テレビ撮影のスタジオというのはだいたい倉庫みたいなところで、その日は冬に逆戻りしたような陽気で外は2度前後。なのに、この倉庫には暖房もなく、コンサート用の薄い袖無し衣装を着せられた私たちは8時間極寒の中低賃金で働かされたのでした。こういうセレブが出るテレビの撮影って何故か関係者が異様にたくさん来て現場にわんさと人がいる。でもほとんどがぶらぶらしているだけ。よくみていると実際ちゃんと働いている人は4、5人くらいで、実に効率の悪い仕事の仕方なんである。だから、もうめちゃくちゃ。我々は休憩もろくにないまま(誰もそういうことをマネージする人もいず)寒さに震えながら待ちぼうけ+時々弾く。最後の方で我々が弾いている途中に上から紙吹雪ごとくサッカー選手の写真と名前が入ったカードが降ってくるシーンを撮影して、第1回目失敗。床に散らばったカードを"I am REALLY, REALLY, REALLY worried that we are not going to finish"とか言いながらディレクター自ら必死に片付けているっていうのに相変わらずほとんどのスタッフが誰かと話していたり、ひと事。テレビの世界っていうのはバジェットが異様にある分なんかなあなあな変な世界。予定の8時間過ぎて、やはり時間切れで我々はオーバータイム(オーバータイム後は15分おきに賃金が加算されていく)を求められましたが、あまりのunprofessionalな彼らの態度と我々への待遇の悪さに約束の8時間きっかりでさっさと楽器を片付け、皆”ふっざけんじゃねー”と思いながらひっちゃかめっちゃかな現場を後にしました。だだでさえ疲れてるんだから、こういうのほんとにナシにして欲しいわあ。。。でも、前イングランドチームマネジャーのテリーなんとかっていうおじさんは良い人で面白かった。

そして、今世の中はイースター休暇。今日はロイヤルアルバートホールでイースター聖金曜日毎年恒例のヘンデルのメサイアコンサートでした。ヘンデルってピアノ曲とか結構私好きなんだけれど、いつ弾いてもメサイアは心地よく眠くなる。メンバー全員お疲れで、向かいのバイオリンの女の子も途中で何度も必死に目を開こうとしてました。。。
[PR]

by shinko_hanaoka | 2010-04-03 05:14