<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

コンサート開幕

ロンドンは寒波の峠を越え普通の冬に戻りました。
新年に入って毎日レコーディングの日々でしたが、それも今日で一段落。明日からいつものコンサート活動が始まります。普段はほとんど毎日といってよいほどステージに立ちコンサートをする生活なので3週間近くも舞台に立たない方が違和感があり、後ろのコントラバスのおじちゃんが”明日は久しぶりで緊張しちゃうかもぉ!”なんて帰り際に言ってた。

さて、最近のマイブーム(っていうか、周りを見回してみたらロイヤルフィルメンバーみんなのブームでもあるらしい)、ホットフード用魔法瓶。去年の夏からツアー三昧、ロンドンでは友人のお宅に居候、そして日本では実家。この数ヶ月間すっかり自分で食事を作らない生活に馴れきって、食事は人様が作ってくださったものをいただくか外食しかしないようになったらすっかりレイジーになってしまいました。今は一応ちゃんと自分の家があってゴハンだって作れるっていうのに、すっかり何もしないことに馴れてしまい考えてみたら日本から帰ってきてから2週間たいしたものを食べていない。前は毎日仕事にもせっせとお弁当まで作っていって、それに感化された皆がお弁当を持ってくるようになった”ロイヤルフィルお弁当ブーム”まで巻き起こした当人なのに。この2週間ほど仕事の合間のランチも全て外ですませた結果、その味けなさと種類のなさにいい加減飽き飽き。食事という一つの大きな楽しみがなくなったワーキングライフのつまらなさを感じ、数日前デパートでホットフード用魔法瓶を購入。以前から興味はあったけれど、なんとなく試すのを先延ばしにしていました。お茶やコーヒーを入れる事もできるけれど、スープや温かい食べ物を入れることもできます。今日はレンティルスープ持って行ったけれど、あっつっつのままで性能は抜群。明日はハッシュドビープを持って行こうと思って今、赤ワインたっぷり、キノコたっぷりでじっくり煮込んでクッキング中。明日のコンサート前の夕食は楽しみだわあ。。。これから温っかいカレーとかだって持っていけちゃったりするんだからね。

前からこの魔法瓶持ってた同僚が私も購入したのを見て頷きながら”You will have a new life"と勝ち誇ったような顔をして言ってたけれど、確かにちょっとしたnew lifeかも。それに特に寒いときはおいしい温かいゴハン食べたいもんね!
[PR]

by shinko_hanaoka | 2010-01-16 06:16  

大寒波

ロンドン寒すぎ。。。今大寒波がヨーロッパ中を襲っています。毎日最高気温が0度前後、最低気温は内陸部のマンチェスターあたりになると夜マイナス16度までさがるイギリス全体が冷凍庫の中に入っているような日々。こんなに寒いのは私のイギリス生活14年の中でも初めてです。

ウチの中はぬっくぬく、なんてこの前は言っていたけれどだんだんそれも怪しくなってきて、セントラルヒーティングだけでは間に合わず最近では電気ストーブも同時に入れています。今週はずっとブラームスのシンフォニー4つと2つのovertureのレコーディングでしたが、そのうち2日間は暖房が壊れて、マフラーしてコート着ながらそれでも手と鼻は冷たいまま仕事。あぁ、こんなとき暖がとれないホームレスの人たちやお金のない人たち(以前、暖房費をまかなえないお年寄りをはじめ低所得収入者がいかに冬を越すことが厳しいか、テレビのニュースでやっていた)はどうしていることでしょう。。。ここまで寒さが厳しいと暖がとれるか否かは死活問題ですから。

寒すぎでどこに出るのもおっくうになりがちですが、今日はロンドンに帰ってきてから初めてのオフなので街に出てみようと思います。昨日の仕事では前日のホール内の寒さに懲りて同僚ロベルトが”今日は5枚着てきたから大丈夫だろう”と自信満々にホールに入ってきてレコーディングに臨んでいました。私も今日はコートの中に最低3枚は着ないとな。。。
[PR]

by shinko_hanaoka | 2010-01-09 18:12  

明けまして

新年明けましておめでとうございます。
年末年始帰国もあっという間に過ぎ、昨夜ロンドンに帰ってきました。今回は飛行機のチケットを手配するのが遅かったため3日にロンドンに帰ってくる直航便の空席がなく帰りだけアムス経由で。経由便を使うのなんてウン十年ぶりでしたが、アムステルダムまでの飛行機内では昨年亡くなったマイケルジャクソンのワールドツアーリハーサル風景をドキュメンタリー映画にした”This is it"に感動し、アムステルダムスキポール空港ではキムチラーメンを楽しみ(スキポール空港はガラス張りで明るく乗り継ぎの合間に楽しめるところがたくさんあってなかなかグッド)、疲労も手伝い空港から乗ったGatwick Expressでは迷惑イタリア親父に切れ、マイナス1度のロンドンに着きました。寒いけれど、ロンドンの寒さは東京の寒さと違い、どこかワクワク感があって私は好きです。家の中はセントラルヒーティングでぬっくぬくだし。

今日から我々のベース、カドガンホールでレコーディング、レコーディング、レコーディングの毎日です。時差ぼけから少しづつ回復していくときには、こんなふうに毎日それなりに規則正しいロンドンでの仕事は一番。休憩中にホールの近くのカフェに走りホットココアを飲んだり、同僚達と休暇中のキャッチアップなどしながら、ゆっくりまたロンドン生活に戻ってゆきます。

こうして2010年が静かに幕を開けました。でも、なんとなくですが、私の2010年は静かではない気がします。。。!今年はどんな年になるでしょう。皆さんにとって夢たくさん叶う年となりますように!

穏やかな青空広がる冬のロンドンにて。

PS 年末帰国中に小さなインタビューを受けました。お時間のあるときにご覧ください。http://musicscene.jp/musicscene/artists/です。
[PR]

by shinko_hanaoka | 2010-01-04 22:28