<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

地方公演

昨日は1週間ぶりの仕事で地方でのコンサートでした。我々は1日半と短いものから1ヶ月と長いものまで多くの海外ツアーを年間こなしますが、その合間にイギリス国内でロンドンはもとより各地方で忙しく演奏活動を行っています。昨日はロンドンから車で3時間半ほど北東に上がったLowestoftという港町でのコンサート。国内地方コンサートの際私たちは乗り合い馬車のように誰かが運転して何人かで一緒に同車移動(lift share)します。何故かというと、国内コンサートの場合日帰りがほとんどで、現地に電車で行ってしまうとコンサート終了後帰りの電車がなくてロンドンに戻ってこられなくなってしまうからです。で、なぜ皆でバスで移動しないかというと、皆住む地域が違うので1カ所を集合ポイントにするとかえって合理的ではないからです(夜遅くバスで帰ってきて集合地点が全然自宅と別方角だったりすると、そこから深夜どうやって家に帰るの?ということになるわけです)。ほとんどのロンドンのミュージシャン住居はロンドン南東部に集まっていますが、オーケストラの中で唯一中心部に住むスノッブ(!?)の私は誰もご近所さんがいないのでlift shareは結構頭がイタいです。移動が仕事の半分を占める私たちの仕事。Lift shareの人選も皆それなりに慎重で、お互い気分よく旅路を過ごせる相手を選びます。私がいつも一緒に移動するのは仲良しのジュリアンおじちゃんとアンドリュー、そこに時々ダニエルかビルが加わります。

昨晩はロッシーニやウェーバー、モーツァルトと簡単なプログラム。モーツァルトは交響曲ジュピター。モーツァルトのシンフォニーはどちらかというと編成が小さく、室内交響曲の部類に入るためロイヤルフィルのように大きなシンフォニーオーケストラは意外やめったにプログラムに取り入れません。Lowestoftのホールは小さめなので、オケも編成縮小してそれに見合ったプログラムが毎回立てられます。昨晩のジュピターは先月ロイヤルフェスティバルホールのマエストロGattiのそれとはエラい違いでしたが、それでもモーツアルトは、特にこのジュピターやはり良いです。。。キラキラして、最後の楽章なんかは弾きながら細胞が喜びに満ち溢れてきます(たとえそれが昨日のようなヘボい指揮者とでも。。。!)。昨晩演奏中モーツァルトの天上の世界を感じながら”うーん、秋のカルテットコンサートの選曲間違ったかな”などと考えていました。今秋我々ロイヤルフィルは9月後半から10月初めまで日本ツアーがあり各地を回ります。その際ロイヤルフィルメンバーによる弦楽四重奏の東京でのコンサートが別に企画されており(これも後日11月の私のリサイタルと一緒に改めてお知らせさせていただきます!)、その選曲がハイドンに始まって、ベートーベンそしてメンデルスゾーンで決定しました。私は個人的にはハイドンよりモーツァルトの方が閃きがあって好きなのですがバイオリニストの一人がこのハイドンを押したので。

地方公演では休憩が始まると、さーっと脇から昔の駅弁売りみたいなアイスクリーム売りが会場に登場して皆列を作って買い始めます。舞台の脇でそれが始まるので舞台上から今日はどんなアイスクリームが売ってるかなぁ、と眺めていたら後ろから同僚レイチェルが”今日はご褒美に私がシンコにアイスクリームを買ってあげる!どれがいいの?”と言うので、コーンつきのアイスクリームを彼女に買ってもらいぺろぺろしながら休憩を過ごし、さあ後半のコンサートを弾き終えたらロンドンに向けてダーッシュ!!!行きはジュリアンと一緒に来たのですが、彼は後半降り版だったので先に帰り、彼が自分の代わりといって探してきてくれたデービットが私をロンドンまで送り届けてくれることに。ただしデービットはロンドン北部在住なため私はそこから自力で自宅のある中心部まで戻らなくていけません。ジュリアンは南東部在住なので電車がなくなるといつも心配して遠回りでも必ず私を家まで送り届けてくれますが、通常誰とlift shareしても毎日皆深夜帰宅で疲れている中そんな親切なことはしてくれません。私も同じ厳しいworking condition下で働く者として必要以上に甘えるつもりは全くありません。で、私がとにかくなんとかしてロンドン中心に向かう地下鉄の最終に間にあいたいことを察し(そうでないと心配しながら怪しいMini Cabに乗るしか帰宅手段がなくなります。ロンドン郊外には安全なblack cabは走ってないので)デービットが車を飛ばしに飛ばしてくれて、12時3分前にロンドン北部の地下鉄駅に到着。とにかく中心部までいければこっちのもの、あとはどうとでもなります。一番困るのは郊外でおろされて路頭に迷うこと。でも、昨日はとにかくシンデレラの魔法がとける(!?)12時前に地下鉄に飛び乗り、あとはスムースにあっという間に12時半には家に着きました。ラッキー!と思っているところにジュリアンから心配して(というより多分責任を感じて)携帯にメールが入りました。”無事に帰れた?” 

こんな、”ロイヤル”とはほど遠い私たちの生活ですが、こうしてロイヤルフィルでは本当に人には恵まれて感謝です。
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2009-04-19 10:44 | ロイヤルフィル  

イースター休暇

先週の金曜日グッドフライデーにロイヤルアルバートホールでヘンデルのメサイアコンサート以来、ロイヤルフィルは1週間のイースター休暇に入りました。バロック音楽は心地よくおまけにメサイアは気が遠くなるほど長いので、前日地方公演からの深夜帰宅もあいまって演奏中途中うとうとしてしまい、二段くらいすっとばして弾いていて自分でびっくりして起きました。。。日曜は友人宅でラム肉のイースタートラディショナルランチに招待され夜遅くまでfeast timeを楽しみました。彼女の田舎の家へ誘われていてこの数日の束の間の休暇を田舎で優雅に過ごす、というチョイスもあったのですが、悩んだ末ロンドンに残ることに。何故かというと先週以来新居のもう一人の住人兼大家フランチェスコと協力して押し進めている、’パオロ教育’の成果を見守るというより見張る(!)ため。犬の訓練も赤ちゃんのパンツトレーニングも一緒である時期つきっきりで教育しないと身に付くことも身に付きません。。。!

ロンドンに残ったおかげで私は自分のやりたいことがはかどり、毎日かなりproductiveそしてluxuariousな日々を送っております。普段今日はここ、明日はあちらと動き回りコンサートを続ける毎日の中では、時間がとにかくなくて練習というものが全くできません。私にとって時間を気にせず自分のペースで毎日練習できることは、それこそluxuary,至福のときなのです。今日は昨日の続きで今秋東京で開くリサイタルのプログラムの中から(コンサート詳細は改めてお知らせさせていただきます!)、プロコフィエフ、ドビッシー、バッハを練習しました。今日の私の中でのヒットはダントツにドビッシー。ドビッシーのチェロソナタは12分と短いながら音楽的にも技術的にも大変高度なものが要求され必ず国際コンクールの課題曲に入る1曲です。ある時期私もコンクールのためによくこのソナタを弾いていましたがこの15年くらい一度も弾いておらず楽譜も奥底に埋もれていました。私はもともとフランスものはあまり血の中にないらしくてどうやって弾いてよいのかさっぱりわからず、15年前にしょっちゅうコンクールの準備のために弾いていたときも、とりあえずそれらしくも弾いていたしテクニック面はカバーしていたものの自分の中ではチンプンカンプンでした。それが、今回思い立って弾いてみたらもうとにかく素晴らしい。。。最近私も大人になったのか、はたまた毎日ロイヤルフィルのごちゃまぜレパートリー雑種生活の成果か。とにかく15年寝かせた甲斐がありました。15年後に弾いてみたら、全ての部分がピンときてぴしっとハマるようになっていて、フランス印象派絵画のような眩いばかりの色彩に弾きながらぞくぞくしました。このドビッシーとプロコフィエフのコンビネーションは、とても絵画的で私のイメージではモスクワのプーシキン美術館のコレクションを彷彿とさせます。去年ロイヤルフィルは夏と冬2回ロシアに行きましたがそのときのヒットがなんと言ってもプーシキン美術館。印象派のコレクションと”マチスの間”は特に素晴らしいです。見てる人もほとんどいないし。(ロシアは観るものがたくさんありますが、これは絶対オススメです)”マチスの間”にはマチスの使っていたパレットも展示してあり、その色のおかれているパレットに私は強いエネルギーを感じて絵以上に飽くことなく眺めたものです。単独の各色からこれらの絵、アートが生まれるかと思うと、そこにクリエイティビティそのものを見るような気がして、また、一つ一つの色からアートにジャンプするその中間にあるクリエイティビティの根本は、結局はひたすら自分の思うところを信じそれを追求することに尽きること。それをパレットに強く感じそのパワーから離れがたかったことを思い出します。

最後にバッハの6番も練習しましたがバッハはいつ何時でも、もう言う言葉がありません。そしてその後はヨガをして、と至福のときを噛みしめている私の心の平和を乱すのは。。。も、ち、ろ、ん、パオロ。

先ほどおやつをとりにキッチンに行ってふと私の野菜かごをみたら、タマネギが、ない。半かけになったタマネギが残っているほか残りは跡形もなくなくなっているのです。前からガーリックやタマネギが買っても買ってもよくなくなるな、とは思っていたのですが、たいして気にもとめていませんでした。でも今回はもう絶対にパオロの仕業。フランチェスコに”アナタ、私のタマネギ食べたでしょ”ってパオロに言ったらなんて言うと思う?と聞くと、多分”自分は2週間はタマネギは食べていない”とかなんとかウソつくと思う、とのこと。それでその後パオロに聞いたら案の定残った半かけのタマネギを手に取って眺めながら、しゃあしゃあと”このところ、トンとタマネギは食べていないなぁ”だって。でもアンタ、昨日の夕方スイミングに行く前にタマネギとトマトのパスタ、食べてたじゃん!!!これはタマネギの問題じゃなくてモラルの問題なんだ!

”Hi, ダーリン♡”なんて毎日上機嫌に言っているかと思えばウソもつく。。。なかなか手強いです。

そしてそんな一日も暮れ、夕方には、もやがかかったようなこの季節独特の空気に包まれ、今宵ロンドンは美しい春の宵です。。。
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2009-04-16 09:33 | オフ  

パオロごめんね

ワタクシ、3週間ほど前に住み慣れたベーズウォーターを引き払いマリルボーン地区に引っ越しました。私は断然ハイドパーク派で英国に流れ着いてからこの14年、ハイドパーク周辺以外には住んだことがないのですが(1回だけ何を思ったか友達に誘われてずいぶん中心地から離れたところに住んだことがありますが、死ぬほどいやで1ヶ月もたたない間にそこを引き払いまたハイドパークの真ん前に戻ったのでありました。。。)、今回は何故か不本意ながらリージェンツパークの近くです。場所はロンドンのど真ん中もど真ん中、オックスフォードサーカスにもボンドストリートにも徒歩で行ける便利なところで、通りに駐車してある車はロールスロイスなどの高級車ばかりポルシェあたりが一番たいしたことない車、みたいなかなり感じの悪い(!?)ところですが、やっぱり私はケンジントン地区のほうが落ち着いていてしっくりきます。当然しがないクラッシックミュージシャンである私はひとりでこんな所に住めるはずもなく、2人のイタリア人と3階建てのミューズハウスをシェアすることになりました(基本的に一人ワンフロア、みたいな感じ)。

日本ではあまりシェアというのは聞きませんが、こちらではよくある住宅状況です。シェアというのは住人同士の常識観念がほぼ一緒でお互いのライススタイルが似ていたり、もしくはライフスタイル自体が噛み合ず故にすれ違いだったりすると上手くいきますが、そうでなかったら家庭生活はストレスの連続と化します。引っ越して2週間私は皆の生活ぶりや人柄、そして家自体の構造や癖などを観察した結果どうしても気になることがいくつか出てきていて、数日前からとうとうその改革に乗り出すことにしました。

住人のひとりであるゲイのパオロ。元有名DJで目下弁護士になるため猛勉強中42歳。むちゃくちゃアーティスティックで話しをしているとさすが一つの道を究めたことのある人(DJとして)、感心すること面白いことが多いのですが、いざ一緒に生活するとなると”ちょっと待ったー!!”ということをしでかす張本人です。
ある日夜中の12時すぎからフルコースのようなディナーをクッキングしはじめた彼。家の中はその匂いで一杯。特に私の部屋のある最上階は自分の部屋の中で料理してるのかと思うほどで私は当然怒り心頭。翌日は早朝から仕事で夜中まで帰ってこなかったので置き手紙を残しておきました。そして次の日帰宅後ちょうどキッチンにパオロがうろうろしていたので昨夜のことからその他いろいろとクリアにする良い機会、と思い話をすることにしました。

パオロ、ここまで聞くとなんて気ずかいのない失礼なヤツ、と思うかもしれません。でも実際はその逆ですごく礼儀正しくて純粋な心をもつ人だ、ということが一緒に生活しているとわかるのですが、なんとしても何故か私の方からするとどこかいつもポイントが違っていてお互いどっかがずれてるんじゃないか、とはずっと思っていたのです。そしてその晩よくよく話を聞いてみると、やはり彼は彼なりにものすごく気を使っていて前の晩の深夜クッキング事件にも彼の気ずかい故の理由があったことがわかりました。ここで私は改めてコミュニケーションの大切さを感じたわけですが、勿論なんの説明もなく、あうんの呼吸で全てが理解できればどんな関係もこれほどラクなことはありません。でも、それがどんなに心を許した夫婦の間であっても恋人同士であっても友人同士、隣人同士、または国々同士であってもその時々に応じて適切なコミュニケーションをとるということが共存の中で良い関係を結ぶ大きなキーとなります。と、そんなことは皆どこかでわかっていても実際そういうことが下手だったり、やり方がわからなかったり、もしくは状況に甘んじて基本的な努力を怠ったりすることがいかに多いことか、です。で、その結果、その関係はなんらかの形で上手く回らなくなるわけです。

パオロは私が思っていた以上にすごく一生懸命で忍耐強く、心の清い人でした。そしてこの夜長トークのお陰でまた一つ二つ新しくパオロの歴史や一面も知りました。パオロ、知らないでいろいろ言ってごめんね。。。でも、アナタも私の事情はよくわかってくれたみたいだからその辺はよろしくね!
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2009-04-11 23:17 | ロンドン  

その他諸々 on the day off

昨夜は短い1時間コンサートを1時間の休憩をはさんで2度弾く(それぞれ違うプログラム)、というコンサートがロイヤルフィルのホームであるスローンスクエアにあるカドガンホールでありました。コンチェルト1曲に交響曲1曲×2で全部違う曲4曲。その前の晩はこのコンサートのスポンサーである実業家が我々全員をドーチェスターホテルの自分のレストランに招待して、ディナーパーティーがありました。それにごまかされて我々はすっかり良い気分になっていましたが、はっきり言って2度のコンサートを1回分のfeeで弾かされて全然お得じゃなかったじゃん、ということに後から気がついたちょっとおバカな結果でした。おまけに2つの交響曲は両方ともシューマンで普段の我々のレパートリーでは全くない上に、2回分コンサートをたった3時間の当日リハーサルで済ませようというものだから、その出来といったらもう*&^%$£@!?//+。そしてそれをやらされている私たちはもう必死どころではなく、瞬きする間もなく目を皿のようにして楽譜に食いついて舞台に立っていたのでありました。それで、私はふと”あー、そういえばまだ仕事を始めて間もないころは毎日がこんな感じだったなぁ”と妙な懐かしさを感じました。

ロンドンのオーケストラの仕事の仕方は過酷であることが有名で、またそれ故に非常にプロフェッショナルな仕事人集団であることも世界に知られています。しかし、オーケストラで弾くことに慣れておらず、またその大量なレパートリーにも馴染みの少ない初心者たちには本当に厳しい環境で、かつて初心者だった私も毎日が過度の緊張と過度のアドレナリン放出の連続でした。なにしろ毎日毎日全く違うプログラムを当日の3時間リハーサルだけで舞台に乗せられるのですから。そして毎日コンサートをしているということはその日のプログラムを事前に個人練習する余裕もほとんどないということです。ロイヤルフィルに入って最初の3年はほんとに大変でした。。。毎日舞台の上で弾きながら頭の中では”えーっ!!!!”、”Oh my God..."の連続。なんて言ったって3時間前までは聴いたことも、弾いたことも、見たこともなかった曲を舞台でなんとかそれなりのレベルで弾いてこないといけないわけです。本当に毎日崖っぷちのサバイバルです。ま、道理であの時期毎日身体の具合が悪かったわけですね。3年くらいするとだいたい一通りのレパートリーを憶えてきてそこまで毎日慌てなくても済むようになりますが、昨晩は久しぶりにそんなやばやば感一杯のコンサートでした(それもメンバー全員が。。。)。

その前の晩のドーチェスターでのパーティーはなんと言っても天下のドーチェスター。ということで一見の価値はあるかと思って行ってみました。ロビーのカフェやバーなんかもなかなか良かったですが、パーティーの後に行った隣のホテルのバーでも思いましたがお金で買うことのできる豊かさは本当に限られているということ。勿論人間皆きれいな場所に行くことや住むこと、おいしいものをいただくことや良いものを身につけることは気持ちのよいものですが、それそのものはそれ以上、以下にもなり得ないことをそれなりにお金のある場所にいくといつも認識させられます。

そして今日は久しぶりのオフ。4月に入ってロンドンはすっかり春です。天気がよいので近くのリージェンツパークに散歩に行ってこよっかなー!
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2009-04-09 07:34 | オフ  

Star Wars Musical Journey 2009

我々”何でも屋ロイヤルフィル”はこういうものもやります。今週はイースター。このイースターフライデーはオーケストラが二手に分かれ、一組はロイヤルアルバートホールでヘンデルのメサイアコンサート、もう一組はミレニアムドームで"Star Wars Musical Journey 2009"というロイヤルフィルらしい両極端な仕事をしています。私はヘンデルメサイア組を選び、何故かというと単にこっちのコンサートのほうがラクそうだったから。ET、インディアナジョーンズ、シンドラーのリスト、ジュラシックパーク思いつくブロックバスター映画の音楽はほとんどJohn Williamsが作ったと言って過言ではない映画音楽の巨匠。スターウォーズももれなく彼の作品です。で、彼の曲はこれまたもれなく弾くのが難しい。。。スーパーマンなんかもワーグナー並に難しいです。楽譜はどの曲も真っ黒でごまかさない限り完璧には弾けないような部分が必ずあり、弾くたびに皆で”次回のオケスタオーディションピースはスーパーマン冒頭3ページだな”などと言い合うものです。彼の曲は時代が過ぎた今でも夢がありすごくかっこいいですけど。というわけで私はヘンデルにしたのに、プロダクション側が最後になって急に2日あまりのリハーサル追加を要求してきて、急遽私はその2日をできない人のかわりにその分のリハーサルだけ埋め合わせにかり出されたというわけです。

今日は昨日と同じくこのスターウォーズ製作にも使われたエルストリーという大きな映画、テレビ制作スタジオでリハーサルが行われました。クルーは全部アメリカから来ていて、3年もかけてこの構想を練り準備を進めたそうです。映像と音楽と出演者のひとりであるイギリス人俳優のナレーションとレーザー光線。映画会社やテレビ会社が関わるとお金のかけかたの桁がちがってくるので、やることなすこと、セット一つとってもクルーの食事一つとっても、我々クラシック業界とは雲泥の差。昨日我々にも振る舞われたクルーランチなんかも、スタジオの中に即席に作られたスペースですがメニューからプレゼンテーションからいちいちワンランク上感がかもし出されていました。おまけにノリがアメリカンなので、今日も行ったらもう朝からケイタリングチームがクルーランチのためにスタジオ脇の野外で、音楽をかけながら炭火でスペアリブを焼き始めていて、気分はホリデイ!まるでどこかのビーチにでもいるような感じでした。

かなり前置きが長くなりましたが、今日のポイントはナレーションを務めた出演者俳優の一人である、Anthony Daniels。こういうのを本当の俳優っていうんだな、とこの前のスワンみたいに、またじーっと彼のナレーションと姿に魅入ってしまいました。彼が前に立って話し始めると同時に大きなスクリーンに彼の姿が写し出されます。話している内容はスターウォーズなのですが、ほとんどシェークスピアを聞いているような感覚に陥り、さすが舞台の本場イギリス俳優、その伝統と歴史を彼の話し方、姿、顔、とる間、全てから感じました。これぞプロ、です。その人がそこにあり、その行為をするだけでそこに大きな価値がある、という。簡単なことではありませんが、プロフェッショナルである限り職種は違っても少しでもそのようにありたいものです。。。Anthony Danielsに座布団3枚!!
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2009-04-06 09:56 | リハーサル  

ヨガ&メディテーション

今日は来週末イースターウィークエンドにあるお金と手のこんだ"Star Wars Musical Journey 2009"の7時間に及ぶリハーサル。今週はずっと連日コンサート続きだったこともあって、くたくたに疲れて帰宅しました。

あまりに疲れると人間普段気にならないような小さなことまで、いちいち頭にきたり、ろくなことがありません。精神的な疲れは私の場合、肉体疲労とかなり関係していることが多いので帰宅後”元気になるヨガ”をすることにしました。
去年の夏、自分に合ったヨガと出会いそれ以来私の生活の一部になっているこのヨガ、本当にたいしたことをやっていないのに目に見えた効果がある魔法のヨガなのです。
なんていうとちょっと怪しく聞こえるかもしれませんが、怪しいとはほど遠い単なるストレッチの延長程度と休息の繰り返し作業です。全部の行程をやると1時間半から2時間弱かかるのですが、時間のないときは30分にも15分にも5分(!!)にも短縮できる都合のよい便利なヨガでもあります。今晩はこれをフルコースバージョンでやったらずいぶん元気、というかニュートラルな体の状態に戻ってきて、そうしたら興が乗ってきて(!?)もっと身体に良いことをしたい気分になりメディテーションもすることにしました。

このメディテーションも去年、仕事が少なかった時期に興味が持てそうなメソードをみつけて集中的に学んだものです。でも、メディテーションはヨガほど私の生活に定着していなくてすっかりそんなこと忘れていたのですが、今日急に思い立って最後の締めくくりとして20分ほどメディテーション。難しいことはさておき心と身体が気持ち良いことをするのが良い、というのが私の基本ポリシーですが、このメディテーションもやりたいときにやると気持ち良いです。

我々は毎日日常にまみれ、なかなか肉体を持つ存在として感じる世界、考える世界から逃れられないものですが、そういう次元を一瞬でも離れて後も先もなく、上も下もなく、生死もない世界をかいま見て感じることはリフレッシングなものです。言葉で表すとなんだか小難しい感じですが、そういうんではなくて、ずいぶん暖かく懐かしいところへ還っていくようなそんな感覚です。
チェロの練習でもそうですが、一番肝心なポイントというのは細胞のレベルで感じる、ということです。これ、音楽の感覚的な話だけではなくてテクニックを学ぶときも。メディテーションもヨガも一緒でそういう片鱗をほんの少しでも感じながらやると効果は抜群! 細胞レベルで元気になったあとはハーブティーでも飲んでゆっくり寝ますか。。。そして、明日も朝も早よからスターウォーズだ!! "Star Wars Musical Journey 2009"についてはまた後日。。。
[PR]

by Shinko_Hanaoka | 2009-04-05 08:59 | リハーサル