オーディション、オーディション....そしてサラ チャン

今月は3回にわたりチェロ首席奏者を募ったオーディションが行われました。
オーディションを受けることはあっても審査するのは初めて。それも首席奏者ということで期待を持って望んだのですが、結果は残念ながらかなり失望しました。

まずソロピースであるコンチェルトを冴え冴えと弾く人がほとんどいない。コンチェルトがまあまあでも次にオケの曲を弾かせるといきなりリズム音痴になったり、はちゃめちゃになる人続出。書類選考の結果30人ほどに絞りそのうち20人はすでに聴きましたが、このポジションに該当する人はひとりも見つかりません。そのうち審査している我々の多くが”このまま誰もみつからなかったらどうしよう。。。”気分に陥り始め、誰をトライアルに残すかという判断基準がだんだん下がり始める始末。オーディション3日目の最後の方には皆が妥協し始めているのにも嫌気がさし途中で”とにかく私はいいものが聴きたいんだ!何でもいいから目を離さずにはいられないようなものが見たいんだ!”と私が言い放ったら、同僚の一人ダニエルがすかさず”そういうの今までの中にいたか!?”と私に問い返し、直後全員が”NO!!”と言ったにもかかわらずなんとなくの流れで妥協が生じ、多数決の結果3人ほどがトライアルを与えられることになりました。

ああ、こういうmediocre(中庸又は中途半端)な世界ってほんとにイヤだわ!と思いながら翌日のコンサートのリハーサルが始まりました。このコンサートのソリストはサラチャン(ブルッフのヴァイオリン協奏曲)だったのですが、これも期待を裏切りdisappointing。最初はオーディションであまりにもmediocreな演奏ばかり聴きすぎて、サラチャンまでmediocreに聴こえてきちゃっているのかな?とも思いましたが、翌日のコンサートに来た友人達にも不評でした。

”秀でる”というのは稀なことなんだとつくづく思います。それが多少変な方向でもとことん”秀でた”ものを見たい、と思うのは私だけでしょうか!?

変な人、面白い人、素晴らしい人、優しい人、丁寧な人、細かい人、正確な人、早い人、トンチンカンな人、誠実な人、チェロが上手な人、お金の計算が得意な人、色気のある人、遊びの上手な人、パワフルな人、諦めない人。簡単なことではないけれど、自分も何でもいいから何かに“秀でた”人でありたいと思います。
[PR]

by shinko_hanaoka | 2011-04-24 01:31  

<< ロイヤルウェディング♪ 震災後1ヶ月 >>